Menu
(0)

Search

【インタビュー】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』アナ・デ・アルマス「女性役の変化と進化が見られる」─ ボンドウーマンやシリーズの未来を語る

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove / © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

007』シリーズ第25作目、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が度重なる延期を経てついに公開を迎えた。ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド役を演じる最終作だ。

ジェームズ・ボンドは、現役を退き、ジャマイカの地で穏やかな生活を満喫していた。ところが、CIA出身の旧友、フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わりを迎えることになる。誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なものだったのだ。やがて、ボンドは脅威をもたらす最新技術を有する黒幕を追うことになる。

「サンティアゴで女と会ってくれ」と旧友に紹介され、ボンドが会いに行ったのは、キューバのエージェント・パロマ。これまでに公開されてきた映像などでは、ドレス姿で銃撃戦に臨む姿などが捉えられていた人物だ。そんなパワフルなボンドウーマンを演じたのは、『ブレードランナー 2049』(2017)などのアナ・デ・アルマスだ。この度、THE RIVERはアナ・デ・アルマスのグローバルジャケットに参加する機会に恵まれた。本記事では、筆者を含め世界各国の記者が参加した貴重な取材を紹介したい。ボンドガールからボンドウーマンへと変わったことについてをはじめ、テーマである愛の物語、『007』シリーズの未来などについて答えている。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures

ボンドガールからボンドウーマンへ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

──時代は変わり今、“ボンドガール”ではなく“ボンドウーマン”と呼ばれるべきでしょう。これまでは女性としての魅力や美を利用して男を騙すという役割として登場することが多かったボンドウーマンですが、本作ではいかがでしょうか?

本作で興味深いことのひとつは、ボンド映画における女性の役割の変化と進化を見ることが出来ることです。“ボンドガール”ではなく、“ボンドウーマン”になっているでしょう。美しく洗練されていて、セクシーでグラマラスな女性たちであることには変わりありませんが、今ではストーリーやボンド、そのほかの男性登場人物にとって非常に重要な役割を担っています。それぞれが訓練を積まれており、独自の方法で、アクションを披露していきますよ。

──映画で女性が力を発揮する場合、悪女として登場することも多いように思いますが、コメディドラマ「Fleabag フリーバッグ」(2016-)のフィービー・ウォーラー=ブリッジが脚本として入ったことで変わったことはあると思いますか?

この映画に登場する女性はいずれも強いですが、決して悪い人たちではありません。むしろ正反対でしょう。フィービーをはじめとする脚本家たちが一致団結して、この多層的な登場人物たちと彼らの感情、そして新しく刺激的で非常に感情的な物語に作り上げていきました。またフィービーはユーモアのセンスを兼ね備えていて、それは彼女特有のものであり、脚本にもそれが反映されていたので、とても素晴らしかったです。

──ボンドガールからボンドウーマンへといった新時代を切り開く映画であり、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じられる最後の作品でもあります。そんな作品に参加することにためらいはありませんでしたか?

“イエス”というのをためらったわけではありませんが、これはただのシリーズ作品ではなく、映画史に残る作品なんです。ただ、私がこの映画への出演を依頼された時点では、このパロマというキャラクターは存在していませんでした。私は参加する企画に対していつもただ興奮するのではなく、そのキャラクターを通して何ができるのかを知りたいのです。そこで、キャリー・フクナガ監督と話す機会があり、そのビジョンを彼が話してくれたときは、もちろんすぐに興奮しましたよ。パロマは、これまでとは一味違う新しいタイプのボンドウーマンだったので。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

──これほどまでにアクション満載の映画への出演経験は過去にもなかったと思いますが、準備期間は相当なものだったのではないでしょうか?

別の映画の撮影に入っていたので、3週間ほどしか準備期間はありませんでした。それでも多いと思われるかもしれませんが、このジャンルの映画に参加するのは初めてのことだったので、アクションシーンにおける振り付けなどの複雑さを考えると、これでも時間が足りないと感じていましたよ。身体的にも少し強くならなければならなかったり、銃の撃ち方を教わらなければならなかったり。それと何よりも周りの人を傷つけないようにもしなければいけませんでしたから(笑)。ただ、それでもとても楽しむことができました。

──ダニエル・クレイグは本作が“愛の物語”であると話されていましたが、いかがでしょうか?

私も彼に同意します。この作品は愛についての物語であると同時に、ボンド映画には付き物の要素も存分に詰まっています。沢山のアクション、壮大なセット、素晴らしいパフォーマンス、新しいキャラクター、前作から続くストーリーなど。そしてこの映画は、大画面で体験するために作られた作品でしょう。

『007』シリーズの未来

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

──『007』シリーズで最も好きな作品をおしえてください。

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』以外ですよね(笑)。『007 スカイフォール』か『007 カジノロワイヤル』でしょう。彼は私のお気に入りのボンドです。ダニエルはこのキャラクターに非常に多くの人間性をもたらしたと思います。彼は欠点や葛藤、過ちを上手く表現してくれましたし、それがとてもリアルでこの役に多くの感情を与えてくれました。本当に素晴らしいです。

──『007』シリーズの今後はどのように変化していくと思いますか?

これからのボンド映画も、同じように素晴らしく興奮することが出来て、アクション満載の作品として、業界最高峰の映画製作者によって作られることになると信じています。これまでがそうだったからです。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンが今まで示してきたように、時代に合わせて物事に進化や変化を加え、親しみやすく、現実味のある登場人物を生み出していくことでしょう。ですから、これからもとても素晴らしい作品になると思いますし、彼らの成功を心から願っています。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures

──ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役から退くことになるわけですが、『007』シリーズの主人公として女性が率いる可能性についてはいかがでしょうか?

私にはわかりません。今の時点では、誰にもどうなるのかはわからないのではないでしょうか。この映画が公開されるのを誰もが待ちわびていましたし、誰もがエモーショナルになっています。それはダニエルにとっての最後の作品ですし、私たちはダニエルのレガシー、そして彼がこれまでに出演してきた作品での素晴らしい仕事を称えることが大切だからです。もちろん今回の映画に登場する女性のキャラクターは、ボンド映画の今後における女性の役柄の基盤となるとは思います。ただ、誰が新しいボンドになるのかはわかりません。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
© Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc..All Rights Reserved.

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は公開中。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly