Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』衝撃の別案が存在していた ─ 「もしも全てボンドの頭の中で起きていたら?」

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンド映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、エモーショナルな展開で締めくくられる“きれいな”仕上がりとなった。しかし、プリ・プロダクション(撮影前作業)の段階では奇抜なアイデアも幾つか存在していたようで、メガホンを取ったキャリー・フクナガ監督が別案の内容を明かしている。

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、ダニエル・ボンドの完結編ということもあり、2006年公開の第1作『007 カジノ・ロワイヤル』に始まったストーリーを軸とした展開が繰り広げられた。しかし、フクナガ監督が考えていた別案は、どちらかと言えば前作『007 スペクター』(2015)の続編色が強いアイデアに基づいていた。米Interview Magazineで監督が明かした衝撃のアイデアは以下の通りだ。

「この映画の全てが、前作であったヴィランの隠れ家で展開されるというアイデアが僕にはあったんです。(『スペクター』では)ジェームズ・ボンドの頭に針が刺されるシーンがあるんですけど、そのせいでボンドは全てを忘れてしまう。そのあと奇跡的に腕時計の爆弾を使って逃げ出せて、建物を爆破して1日を生き延びたという流れでしたよね。だけど、僕はこう考えたんです。“もしも、2人(ボンドとマドレーヌ)が取った最後の行動までの全てが、ボンドの頭の中で起きていたことだったら?”って。

フクナガ監督が言及しているのは、クリストフ・ヴァルツ演じるエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドが北アフリカの砂漠に構えていた秘密基地での一幕。ブロフェルドは、ボンドを拷問台に縛り付け、脳機能を破壊する特製の針を頭部に突き刺すという卑劣なやり方でいたぶった。その後なんとか脱出に成功したボンドとマドレーヌは、ブロフェルドとの死闘を制したわけだが、フクナガ監督は、「実はボンドがブロフェルドに操られていた」という着想を拷問シーンから得たのだろう。

もしもダニエル版シリーズ5作が、この別案で進められていたら……?そのエンディングこそ思案のしどころだが、完成版ではストーリーが色濃く反映されていた『ノー・タイム・トゥ・ダイ』というタイトルは、全く違うものになっていたはず。フクナガ監督が明かした別案は、アイデアとしてはシリーズ史上最も斬新だったかもしれないが、ダニエル・ボンド最後の『007』だ。慎重に検討を重ねられた結果が、高評価の声が多く聞こえる『ノー・タイム・トゥ・ダイ』だったのかもしれない。

Source: Interview Magazine

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly