Menu
(0)

Search

クリストファー・ノーラン、新作は「時間」をめぐる冒険映画か ─ 『インセプション』に近い作風、15年ぶり新編集者を起用

クリストファー・ノーラン Christopher Nolan
© LFI/Avalon.red 写真:ゼータ イメージ

『ダークナイト』3部作や『インターステラー』(2014)、『ダンケルク』(2017)などで知られる映画監督クリストファー・ノーランの新作映画(タイトル未定)について、米The Hollywood Reporterが新たな情報を伝えている。

ノーラン監督の新作は、自身のオリジナル脚本を映画化するもので、既報によれば“大スケールの革新的ブロックバスター映画”になるとのこと。今回の新情報によれば、本作はノーランの代表作のひとつ『インセプション』(2010)を思わせる要素をもつ「世界をめぐる冒険映画」で、物語には「時間の連続性」が関わっているという。

DCコミックスの人気ヒーロー、バットマンを主人公とした『ダークナイト』3部作や、報道でも言及されている『インセプション』をはじめ、ノーランはアクション映画や広義の冒険映画を頻繁に手がけてきたフィルムメーカーだといえるだろう。また「時間」というテーマは、『インターステラー』はもとより、初期作品『フォロウィング』(1998)や『メメント』(2000)から物語の技法として取り組んできたものだ。前作『ダンケルク』は比較的シンプルなストーリーテリングだったが、今回はノーランの作家性がより強く出た脚本となっている予感がする……。

本作には『トワイライト』シリーズや『グッド・タイム』(2017)などのロバート・パティンソン、『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン、『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のエリザベス・デビッキが出演。すでに脚本を読んだというロバートは、その完成度について「夢のような出来栄えでした」と語っている

なおThe Hollywood Reporterによれば、本作の編集は『マンチェスター・バイ・シー』(2017)や『ヘレディタリー/継承』(2018)のジェニファー・レイムが担当するとのこと。『バットマン ビギンズ』(2005)から『ダンケルク』までタッグを組んできた編集技師のリー・スミスが、サム・メンデス監督の新作『1917(原題)』のために今回は参加できないことを受けて、15年ぶりに新たな人材とタッグを組むことになった。

クリストファー・ノーランの新作映画(タイトル未定)は2020年7月17日に米国公開予定

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly