Menu
(0)

Search

エドワード・ノートン、『インクレディブル・ハルク』脚本を批判 ― マーベルとの製作トラブル、現在も「しこり」残る?

マーベル

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のヒーローには、一人だけ大きな変化が途中で生じることになったキャラクターがいる。演じる俳優がエドワード・ノートンからマーク・ラファロへと変更されたブルース・バナー/ハルクだ。黎明期において、『アイアンマン』(2008)のロバート・ダウニー・Jr.に次いで『インクレディブル・ハルク』(2008)に出演したノートンは、その後の作品でユニバースに復帰していない。

どうやらノートンとマーベル・スタジオ側の不和は、現在に至るまでくすぶったままのようだ。『インクレディブル・ハルク』から10年が経過した今、ノートンが改めて同作の脚本に批判的なコメントを発している。米The Hollywood Reporter誌のライアン・パーカー氏が伝えた。

米国のテレビ番組「Comedy Central Roast of Bruce Willis」に登場したノートンは、番組の中で『インクレディブル・ハルク』での仕事が難しかったことを明かし、その理由として「もっと良い脚本が欲しかった」と発言したという。『インクレディブル・ハルク』は、のちに『レディ・プレイヤー1』(2018)を手がけるザック・ペンが執筆した作品だが、当時、ノートンがノークレジットで脚本の改稿に携わったことで知られている。

そもそも『インクレディブル・ハルク』については、米国公開直前にあたる2008年3月の時点で、マーベル・スタジオとノートン側が脚本や編集をめぐって衝突していることが報じられていた。米Deadline誌には、「マーベルはノートンの言い分を聞く気がない」という関係者の証言のほか、ノートンの『ミニミニ大作戦』(2003)や『アメリカン・ヒストリーX』(1998)における製作トラブルに言及したうえで、別の関係者による「あの俳優に脚本を書かせるべきじゃない」という声が掲載されていたのである。

さらに2010年、『アベンジャーズ』(2012)への出演をめぐって両者の不和は深刻化した。同作にノートンが出演しない件について、なんとマーベルは「金銭面ではなく、創造性や協調性のある俳優を求めるゆえの判断。『アベンジャーズ』ではアンサンブルの一員としての働きが求められます」という攻撃的な声明を発表したのだ。もちろんノートン側は、このコメントは不適切であり、ノートンの名誉を損なうものだとして厳しく反論している。

その後、ブルース・バナー/ハルク役はマーク・ラファロが引き継ぎ、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)ではそのパーソナリティを掘り下げるストーリーも描かれている。性格などはノートンが演じた人物像とは大きく異なるが、これはキャスティング変更による方針転換の結果だろう。ただしハルクをめぐるイメージの刷新や展開が功を奏した一方で、ノートンがマーベルとの関係にいまだ言及していることを鑑みると、当時のトラブルは現在に至るまで「しこり」を残しているといってよさそうだ。

ちなみにファンの間で希望する声が続いている「ハルク」の再映画化については、その権利をユニバーサル・ピクチャーズが有しているため、マーク・ラファロによれば「絶対にない」「話し合いをしているんですが、ありそうにない」とのことである……。

Sources: Ryan Parker, Deadline, AVClub

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly