Menu
(0)

Search

ヘレナ・ボナム=カーター&ピアース・ブロスナン、ラブコメ実話映画で共演 ─ 巨匠作家と名女優の恋、再燃するか

ピアース・ブロスナン ヘレナ・ボナム・カーター
Photo by Siebbi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pierce_Brosnan_Berlinale_2014.jpg https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Helena_Bonham_Carter_(Berlin_Film_Festival_2011)_3.jpg Remixed by THE RIVER

『ハリー・ポッター』シリーズや『オーシャンズ8』(2018)などのヘレナ・ボナム=カーター、『007』シリーズの5代目ジェームズ・ボンド役で知られるピアース・ブロスナンが、新作ロマンティック・コメディ映画『Not Bloody Likely(原題)』で共演する。米Deadlineが報じた。

本作で描かれるのは、アイルランドの劇作家ジョージ・バーナード・ショーが代表作『ピグマリオン』を執筆したあとの1914年に起こった実話。『ピグマリオン』はのちに『マイ・フェア・レディ』としてミュージカル化・映画化される名作だが、そのロンドン公演の主人公に、ショーは名女優のパトリック・キャンベルを起用すると決意していた。実は、ショーとキャンベルは以前愛し合った仲。このキャスティングは二人の愛を再び燃え上がらせるのか、それとも……。

ショー役のピアース、キャンベル役のヘレナは、ともにシリアスなドラマからコメディまで自在にこなすベテラン。この強力タッグ作の脚本・監督は、『新しい人生のはじめ方』(2008)のジョエル・ホプキンスが務める。ピアースとは『ラブ・パンチ』(2013)でタッグを経験済みだ。プロデューサーは『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2016)のアダム・ローストン&デヴィッド・ブレイスウェイトが担当し、「これぞまさしく今の世界が求める映画。心地よい物語で笑わせ、泣かせます」と自信をにじませた。

映画『Not Bloody Likely(原題)』は2021年春、イギリスにて撮影予定。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly