Menu
(0)

Search

ダニエル・クレイグ、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラストには「とっても満足している」

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)をもって6代目ジェームズ・ボンド役を卒業したダニエル・クレイグが、エモーショナルなラストについて口を開いた

ダニエルは、2006年の第1作『007 カジノ・ロワイヤル』から約16年間にわたってジェームズ・ボンド役を演じてきた。これは、3代目ジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアの12年間を上回る歴代最長記録である。

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開から数ヶ月が経ち、作品の公式ポッドキャストでは、製作の舞台裏を紹介する最新エピソードが配信された。その中でダニエルは、製作時を振り返り、「たくさんのアイデアが提案されては断念されて、その中で採用されたものもありました」と試行錯誤の現場を語っている。

ダニエル版『007』は、歴代シリーズでは見られなかったやり方で、壮大なラストを迎えた。そのエンディングには多くのファンが感涙したはずだが、ダニエル自身、ボンドの最後について「ほんとうに、とっても満足しています」と、その思いを打ち明けた。

一時は前作『007 スペクター』(2015)で引退を宣言したダニエルだったが、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』で描かれた結末は、第1作『カジノ・ロワイヤル』当時から決められていたことがわかっている。壮大なフィナーレは、15年間温められてきたものだったのだ。

Source: No Time To Die:The Official James Bond Podcast (参照:Comicook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly