Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』グリーンゴブリンのコスチューム、サム・ライミ版より大幅改良 ─ 「アップグレードもある」とウィレム・デフォー

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

まさか、このヴィランがスクリーンに帰ってくるなんて。スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームには、サム・ライミ版『スパイダーマン』(2002)からウィレム・デフォー演じるグリーンゴブリンが再登場する。

ブラジルで開催された「CCXP in Comic-Con」にて、ウィレムは脚本を読む前にアイデアのプレゼンを受けたことを明かした。プロデューサーのエイミー・パスカル、監督のジョン・ワッツから作品の全体像を聞かされた際、ウィレムは「すごく面白かったし、良い方法だと思った」と語っている。「過去に戻りつつも新しいのが気に入りました。歴史あるものに回帰しながら、そこにひねりが加わっているんです」

続いてウィレムは、グリーンゴブリンの新たなコスチュームにも言及している。司会者から着心地を尋ねられるや、「真実を知りたい? いかに着心地が悪いか誰も知らないんですよ! 見た目はいいんだけど」と爆笑し、「僕らは役者だから着心地の悪さは忘れる。それも含めての仕事です」とプロフェッショナルとしての表情ものぞかせた。もっとも今回、コスチュームの着心地は『スパイダーマン』第1作から大幅に改善されたようだ。

「コスチュームは以前よりもずっと着心地よくなりました。グリーンゴブリンのコスチュームを作るため、最初に試着をしたときのことは今でも覚えていますよ。8時間立ちっぱなしで、前もって作られたパーツを身体に付けられてね。だけど今では、僕をスキャンしたらデザインができて、コスチュームを作れて、あとは僕が試着するだけ。すごい技術の進化です。動きやすくなって、いろんなことができますしね。」

ちなみにウィレムは、『ノー・ウェイ・ホーム』のグリーンゴブリンについて「見た目も少し違います」とコメント。本編で見られる変化をわずかに予告している。「ノーマン(・オズボーン)とゴブリンはいくつかのトリックを隠し持っています。コスチュームもアップグレードしているんです」

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日(金)公開。

あわせて読みたい

Source: Spider-Man

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly