Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』オビ=ワン単独ドラマ、『ドライヴ』脚本家と気鋭監督が就任 ─ 「ベター・コール・ソウル」「アメリカン・ゴッズ」手がける

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、オビ=ワン・ケノービを主人公とするドラマシリーズ(タイトル未定)の脚本家・監督が決定した。米StarWars.comが正式に発表した。

シリーズの監督を務めるのは、『スター・ウォーズ』初のドラマ作品となる「ザ・マンダロリアン(原題:The Mandalorian)」のエピソード監督を担当しているデボラ・チョウ。これまで「ベター・コール・ソウル」「アメリカン・ゴッズ」「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」「マーベル ジェシカ・ジョーンズ」「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」など数々の話題作に参加してきた人物だ。

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、オビ=ワンの単独ドラマを製作するにあたって、「オビ=ワンの静かな決断、豊かな神秘性を掘り下げながら、スター・ウォーズ・サーガへとスムーズに繋げられる監督を求めていました」と語る。デボラを起用する決め手となったのは、「ザ・マンダロリアン」において、キャラクターを見事に開発してみせた手腕だったという。「デボラこそ今回の物語にふさわしい監督だと強く確信しています」。

また脚本を担当するのは、Netflixドラマ「エイリアニスト」(2018)やライアン・ゴズリング主演『ドライヴ』(2011)を執筆したホセイン・アミニ。物語の舞台は『エピソード3/シスの復讐』(2005)から8年後、『エピソード4/新たなる希望』(1977)から11年前となり、脚本はすでに全話ぶん完成しているという。

本作には、オビ=ワン・ケノービ役で『スター・ウォーズ』プリクエル3部作のユアン・マクレガーが復帰し、エグゼクティブ・プロデューサーを兼任。同職にはケネディ社長とデボラ、ホセインのほか、『クィーン』(2006)のトレイシー・シーウォード、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のジョン・スワーツが名を連ねている。

『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービの単独ドラマシリーズ(タイトル未定)は2020年撮影予定

あわせて読みたい

Source: StarWars.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly