Menu
(0)

Search

『ONE PIECE』実写版、サンジがバラティエの前で華麗な蹴りを披露

https://www.instagram.com/reel/CfsJlMGK9Wg/

Netflix実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』は、2022年初頭より撮影が開始済みで、ゼフやアーロン役などが終了を報告している。撮影は順調に進行中のようで、このたびサンジ役のタズ・スカイラーが、Instagramにて新たに舞台裏の写真を公開した。

尾田栄一郎が手がける漫画『ONE PIECE』は、ゴール・D・ロジャーという伝説の海賊王が残した“ひとつなぎの大秘宝”を巡り、モンキー・D・ルフィ率いる麦わらの一味が冒険へと繰り出す壮大な物語。実写版の物語は依然として不明のままだが、「イーストブルー編」が下敷きと予想されており、2022年6月に公開された舞台裏映像では、原作で馴染み深い海上レストラン、“バラティエ”のセットが映し出されていた。細部までこだわって製作されたというバラティエだが、その完成度の高さには、『ONE PIECE』ファンも驚いたに違いない。

バラティエとはサンジがコックとして働いており、ルフィとサンジが初めて出会う場所。そんなバラティエのセットの前で、足技の達人でもあるサンジ役のタズ・スカイラーがキックをお見舞いしているのが、今回本人から公開された映像だ。そこには蹴りを披露しているもうひとりの人物がいるが、これはジェイコブ・バートランド。ドラマ「コブラ会」(2018-)などで知られる俳優だが、『ONE PIECE』実写版に参加しているという情報はなく、おそらくファンとしてセットに訪問したものと思われる。

原作におけるバラティエといえば、「……長い間!!!くそお世話になりました!!!この御恩は一生…!!! 忘れません!!!!」と、サンジが“オーナーゼフ”に出航前に告げる名言があるが、実写版ではいかにして再現されるのだろうか。

ちなみにバラティエで登場する王下七武海のひとりで、“鷹の目”の異名を持つ世界最強の剣士ミホークには、スティーヴン・ウォードがキャスティングされている。さまざまなドラマや映画で活躍する俳優だ。

Netflixシリーズ「ONE PIECE」は全世界独占配信。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly