Menu
(0)

Search

『ONE PIECE』アーロン役が撮影終了、本撮影も佳境か ─ 鋭い鼻の魚人、実写でどう描かれるのか

https://www.instagram.com/p/CfTzTD_MPMd/

Netflixより撮影が進行中の実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』。この度、ゼフ役に続いて、アーロン役が撮影終了を報告している。

魚人で編成された海賊団の船長である“ノコギリのアーロン”。モンキー・D・ルフィが率いる麦わらの一味の航海士、ナミの育った村を襲撃し、魚人の圧倒的な力で支配した。そんな残虐な男を演じたのは、「オザークへようこそ」(2017−2022)などのマッキンリー・ベルチャーだ。

5月末頃に製作に参加済みであることを報告していたマッキンリーは、4週間の期間を経て、Instagramにて自身の撮影終了を伝えた。実写版の撮影地である南アフリカのケープタウン、およびにキャストやスタッフへの別れを告げるともに感謝の言葉を述べている。凶暴な魚人族であるアーロンは、果たしてどんな形で実写版として描かれるのか、特殊メイクがほどこされるのだろうか。何にせよ、マッキンリーによるアクションをはじめとするパフォーマンスに注目したい。

“ひとつなぎの大秘宝”を巡り大航海に出る麦わらの一味の実写版キャストには、船長であるモンキー・D・ルフィをスーパールーキーのイニャキ・ゴドイが、ロロノア・ゾロを新田真剣佑が、ナミをエミリー・ラッドが、ウソップをジェイコブ・ロメロ・ギブソンが、そしてサンジをタズ・スカイラーが名を連ねている。

現時点で本作の物語は不明だが、「イーストブルー編」が下敷きになっている可能性が高いと見られている。つまりアーロン役の撮影が終了したということは、全体の撮影も佳境に差し掛かっているということかもしれない。

Netflixシリーズ「ONE PIECE」全世界独占配信。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly