Menu
(0)

Search

『ONE PIECE』実写版、ミホーク役が撮影現場での写真公開 ─ 待機車で「ヒマつぶし」

https://www.instagram.com/p/CgMxSSpqjVU/

Netflixよりドラマ実写化される、尾田栄一郎による世界的人気漫画『ONE PIECE』。2022年6月に出演が公式発表され、大きな話題を呼んだミホーク役のスティーヴン・ウォードが、Instagramにて撮影現場での写真を公開した。

2022年2月頃より撮影が開始されている本実写版にて、「クイーン・ソノ」(2020)などのスティーヴン・ウォードがキャスティングされたミホークは、王下七武海のひとりであり、“鷹の目”の異名を持つ世界最強の剣士。「イーストブルー編」が物語の下敷きになっている可能性が高く、それだけにゾロとの対決が実写にてどう蘇るのかに注目が集まっているところだ。

公開された写真は、ウォードがロケ車にて撮影待機する姿を捉えたもの。その車には、「ミホーク」という文字がしっかりと書かれたものが貼られており、ウォードは原作漫画でおなじみの台詞にちなみに、「ヒマつぶし(Just killing some time)」と投稿に添えている。早く衣装を着用した姿も見てみたいものだ。

麦わらの一味のキャストには、イニャキ・ゴドイがルフィ、新田真剣佑がゾロ、エミリー・ラッドがナミ、ジェイコブ・ロメロ・ギブソンがウソップ、タズ・スカイラーがサンジ役として名を連ねており、いずれもまだ撮影中と見られている。一方、ゼフやアーロン役などすでに撮影終了を報告している俳優たちもいる。半年近くに渡る撮影もいよいよ大詰めなのかもしれない。

Netflixシリーズ「ONE PIECE」は全世界独占配信。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly