Menu
(0)

Search

ノーラン最新作『オッペンハイマー』に『アーミー・オブ・ザ・デッド』鍵師役マティアス・シュヴァイクホファーが出演

マティアス・シュヴァイクホファー
Photo by Martin Kraft (CC BY-SA 4.0) https://commons.wikimedia.org/wiki/File:MJK_33812_Matthias_Schweigh%C3%B6fer_(Medienboard-Party_2019).jpg | Remixed by THE RIVER

クリストファー・ノーラン監督最新作『オッペンハイマー(原題:Oppenheimer)』に、Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)のマティアス・シュヴァイクホファーが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

『オッペンハイマー』が描き出すのは、第二次世界大戦における原子爆弾の開発・製造計画「マンハッタン計画」を主導し、“原爆の父”と呼ばれた米国の物理学者ロバート・オッペンハイマーの半生。劇中では原爆の開発から、後にオッペンハイマーが核兵器の国際管理の必要性を訴え、水素爆弾への抗議活動を行うに至るまでの変化が綴られるという。

このたび出演が判明したシュヴァイクホファーは、ドイツ生まれの俳優・映画監督であり、90年代後半から映画・テレビなどで活躍。近年は『100日間のシンプルライフ』(2018)や『沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家』(2020)などに出演し、ザック・スナイダー監督『アーミー・オブ・ザ・デッド』で鍵師のディーター/セバスティアン役を演じて世界的に注目された。自ら主演・監督を務めたスピンオフ映画『アーミー・オブ・シーブズ』(2021)も好評を博している。

なお、シュヴァイクホファーは『オッペンハイマー』のほか、Netflixによるガル・ガドット&ジェイミー・ドーナン出演のスパイ・スリラー映画『Heart Of Stone(原題)』に出演するなど活躍の幅を拡大中。日本国内では2018年の出演作『潜水艦クルスクの生存者たち』も2022年4月8日に劇場公開予定だ。本作での役どころは不明だが、奇しくも出演が報じられた3月11日は自身の誕生日。Instagramには「史上最高の誕生日プレゼント! 本当にうれしい、とんでもないことになった!」とのコメントが投稿されている。

『オッペンハイマー』には主演のキリアン・マーフィーをはじめ、マット・デイモン、ロバート・ダウニー・Jr.、エミリー・ブラント、フローレンス・ピュー、ラミ・マレック、デイン・デハーン、オールデン・エアエンライク、ケネス・ブラナー、デヴィッド・クラムホルツ、ジョシュ・ハートネット、ジャック・クエイド、マシュー・モディーン、ディラン・アーノルド、マイケル・アンガラノ、デヴィッド・ダストマルチャン、ジェイソン・クラーク、ルイーズ・ロンバードが出演。

原作はノンフィクション『オッペンハイマー「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇(上・下巻)』(PHP研究所)。ノーランは監督・脚本・製作を兼任する。スタッフには『TENET テネット』(2020)のチームが再集結しており、撮影監督をホイテ・ヴァン・ホイテマ、編集をジェニファー・レイム、音楽をルドウィグ・ゴランソンが務める。

映画『オッペンハイマー(Oppenheimer)』は2023年7月21日に米国公開予定。撮影は2022年2月に開始された。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly