Menu
(0)

Search

オスカー・アイザック、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』批判に「シャワーで泣いた」とジョーク

オスカー・アイザック
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19492056478

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019)で、レジスタンスのエース・パイロット、ポー・ダメロン役を演じ終えたオスカー・アイザックが、嵐を巻き起こしたこの続3部作への評価について口にしている。

第92回(2020年)アカデミー賞授賞式のプレゼンテーターとして登壇したオスカーは、授賞式のレッドカーペットにて米MTV NEWSからのインタビューに答えた。

「『スカイウォーカーの夜明け』への評判はいかがですか?毎度のことですが、賛否割れているじゃないですか。驚きはありますか?」直球の質問に、オスカーは「そんなにありません」とあっけらかんと答える。「前作までと同じですよ。影響力のある作品ですからね。」

続いて、「これは言えてるな、と思った批判はありましたか?」という質問。やや意地悪な尋ね方に、オスカーは「シャワーで泣いたかって?泣いたよ!」とカメラに向かって大胆告白したのだ。ジョークではあるのだろうが、それでも表情は真顔に見える。レポーターが「よくあることですよね!土曜の夜の…」とフォローすると、「そうそう、よくあるんだよね」と笑う。

オスカー・アイザックは以前のインタビューで、『スター・ウォーズ』の今後について尋ねられた際に「ちょっとスローダウンして欲しい」と提言したことがあった。「流れ作業じゃないようなやつを。すごくこだわった、特別に創られたストーリーが良いですね。適切な人たちを見つけて、協力しあって、ちゃんと物語の筋をハッキリ定めた上で進められるように、時間をかけることです。」

次回作は『デューン』。傑作小説『デューン/砂の惑星』を原作とするSF大作で、監督は『メッセージ』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)のドゥニ・ヴィルヌーヴだ。共演にはティモシー・シャラメやレベッカ・ファーガソン、ジョシュ・ブローリンやジェイソン・モモアら豪華メンバーが集う。2020年冬の注目作として期待を集めているところだ。

オスカーはここで共演するティモシー・シャラメについて、「彼はズバ受けている。とんでもない若手俳優ですよ。すごい才能だし、それが超うざい」と、からかいながら称賛。「ほんと才能あるんですよ。僕があの年の頃は、あんなじゃなかった。」

Source:@MTVNEWS

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly