Menu
(0)

Search

『パシフィック・リム』Netflixにてアニメ化へ ― ドラマ「オルタード・カーボン」も長編アニメ版の製作が決定

パシフィック・リム:アップライジング
(c) 2018 LEGENDARY AND UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

ギレルモ・デル・トロが2013年に初めて世に放った、“ロボット vs 怪獣”を描く映画『パシフィック・リム』シリーズがNetflixにてアニメ化される。2018年11月7日(現地時間)に米Netflixが正式に告知した。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

このたびNetflixは、日本や韓国、タイ、台湾といったアジア圏のクリエイターや作品に焦点をあててオリジナル作品を複数開発する方針を発表。アニメシリーズ「パシフィック・リム」(仮題)のほか、Netflixオリジナルシリーズ「オルタード・カーボン」(2018-)の長編アニメ版、さらに複数のアニメ作品の企画を進行しているという。

アニメシリーズ「パシフィック・リム」

このたびの報道によると、アニメシリーズ「パシフィック・リム」は、映画『パシフィック・リム』および続編『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)で描かれたストーリーをさらに拡張する内容とのこと。主人公は理想を抱いたティーンエイジャーの少年と繊細な性格の妹で、行方不明となった両親を探すため、厳しい環境の中、打ち捨てられたイェーガーのパイロットになる

ショーランナー(製作統括)を務めるのは、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の脚本を手がけたクレイグ・カイルと、「X-メン:エボリューション」(2004-2008)などマーベル・コミック原作のアニメ作品を多数執筆してきたグレッグ・ジョンソン。シリーズの製作は映画版に引き続きレジェンダリー・エンターテインメントが担当する。

パシフィック・リム:アップライジング
『パシフィック・リム:アップライジング』©Legendary Pictures/Universal Pictures.

長編アニメ版『オルタード・カーボン』

同名のNetflixオリジナルシリーズを長編アニメ化する『オルタード・カーボン(仮題)』は、ドラマと同じ世界観のもと、ストーリーの新たな要素を掘り下げる作品になるという。脚本家には「交響詩篇エウレカセブン」シリーズなどで知られる佐藤大らが起用された。

ドラマ「オルタード・カーボン」は、リチャード・モーガン著による2002年刊行の同名SF小説を原作とする、人間の意識を別の肉体に移植して“永遠の命”を獲得できる世界を舞台とした物語。シーズン1では主人公の軍人タケシ・コヴァッチが250年の死から目覚め、“一度死んでいる男”である大富豪のローレンス・バンクロフトに雇われて、その過去へ迫っていく展開が描かれた。
2018年11月現在、シーズン2が製作されており、タケシ・コヴァッチ役には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)などマーベル・シネマティック・ユニバース作品のファルコン役で知られるアンソニー・マッキーが新たに起用されている。


アニメシリーズ「パシフィック・リム(仮題)」、長編アニメ版『オルタード・カーボン(仮題)』の配信日時は不明。続報を楽しみに待つことにしよう。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』Blu-ray&DVDは発売中。

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly