Menu
(0)

Search

『パラサイト 半地下の家族』に意外なVFX、各俳優の最高の演技を合成したシーンとは

パラサイト 半地下の家族
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

『殺人の追憶』(2003)『母なる証明』(2009)などのポン・ジュノ監督作、『パラサイト 半地下の家族』(2019)では、VFXが至る場面で使用されている。

この記事には、『パラサイト 半地下の家族』のネタバレが一部含まれています。

『パラサイト 半地下の家族』は、キム家という一家全員が失業中で半地下の住宅で暮らす家族と、パク家というIT企業を経営する超裕福な一家の人生が交錯し、思わぬ方向に展開していく物語。本作では派手な爆発などが起きるわけではないが、VFXが多分に使用されているのだ。例えば、豪邸の大部分や一部の背景も、その技術で再現されている。

家や背景であれば、VFXが使用されること自体はそこまで不思議なことではないのだが、本作では思わぬところでも活用されていた。米IndieWireによると、ポン・ジュノ監督は、それがパク家でキム一家が全員で酒を飲み交わす場面だと明かしている。一見、VFXとは無縁そうな場面だが、各俳優の最高の演技を切り抜き、ひとつの画面内に合成するためとのことだ。

なお、2020年に行われた全米監督協会のインタビューでも、ポン・ジュノ監督は俳優陣の最高の演技を合成したことを明かしていた。この方法は酒盛りの場面だけでなく、他の場面でも同様に行われていたとのことだ。

Source: IndieWire , DGA

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly