Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『パラサイト 半地下の家族』家政婦が夫人から告げられた言葉とは? ポン・ジュノ監督が真相を明かす

パラサイト 半地下の家族
© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

カンヌ国際映画祭からアカデミー賞まで、世界中の映画賞を総なめにした韓国映画、『パラサイト 半地下の家族』(2019)。本記事では、物語の重要な鍵を握る“家政婦”に告げられた言葉について、本作の監督、ポン・ジュノのインタビューから紐解いていく。

この記事には、『パラサイト 半地下の家族』のネタバレが含まれています。

最初に簡単に物語について振り返りたい。本作では、キム一家という半地下の家に暮らす4人の貧困家族、パク社長一家という4人の富裕層家族、相反する家族同士の姿が描かれる。ある日、キム家の長男が友人からの紹介で、パク家の家庭教師として働くことになった。そこからキム一家は身分を偽りながら1人ずつ、パク家を就職先として入り込んでいくことに。1人目は長女が美術の先生として、2人目は父親が運転手として、そして最後に母親が家政婦として。

パク家には長年務めていた先住の家政婦、ムングァンがいたが、パク社長の運転手となった父親が、彼女が結核であるという嘘を夫人に告げ口したことから、不遇にも追い出されてしまう。ところが本編では、ムングァンが夫人からどんな言葉を告げられ、解雇されたのかまでは描かれていない。本編で結核については伏せると夫人が約束していたため、少なくともそれ以外となるわけだが、果たして何と言ったのか。

IndieWireによると、ポン・ジュノ監督は「パク夫人は、“家政婦はもう必要ありません。自分でやります”と言ったのです」と明かしたとのこと。運転手の父親との約束通り、パク夫人は結核については話さなかったようだ。これを不幸中の幸いというべきか、それともその後に起きる最悪の結末の引き金と言うべきか。いずれにせよ、結核と正直に話していた場合、物語は全く異なる方向へと進んでいただろう。それはそれで大変な修羅場となりそうだ。

とはいえ、ムングァンはパク家の子供とその後も連絡を取り合っていたことから、結果的には新しい家政婦が入ったことを知ることになるわけだが、その事実を知った時の思いも気になるところだ……。

Source: IndieWire

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly