Menu
(0)

Search

『パラサイト 半地下の家族』HBOドラマはリメイクではない ─「同じ世界観でオリジナルストーリー」

パラサイト 半地下の家族
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

カンヌ国際映画祭やアカデミー賞をはじめ世界中の映画賞を席巻した韓国映画、『パラサイト 半地下の家族』(2019)。同作には早くも、ハリウッドでドラマ化企画が進行している。そんな本企画はどうやらリメイクではないようだ。

ドラマ版の製作は、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)「チェルノブイリ」(2019)などのHBO。製作総指揮としては、ポン・ジュノ監督をはじめ、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)や、『バイス』(2018)などのアダム・マッケイが名を連ねている。

ポッドキャスト「Happy Sad Confused」にて、マッケイは本企画について、リメイクでも脚色でもないことを明かしながら、「本編と同じユニバースであり、同じ世界を舞台にしたオリジナルストーリー」であると証言している。半地下の家で暮らす貧困家族と、高級住宅街で暮らす裕福な家族を対比しながら、韓国における経済格差を描いた『パラサイト 半地下の家族』。ドラマ版の舞台がどの国になるのかは定かでないが、仮にも韓国ではない場合、この深刻な社会問題が決して韓国だけで起きているわけではないということを、本企画で描くのかもしれない。

マッケイは続けて素晴らしい脚本家たちと共に「最高の時間を過ごしている」としながら、「ポン監督が監修のもと隔離期間に、シリーズのアウトラインを定めた」と伝えている。また、第1話の脚本はすでに完成しているという。どうやら製作は順調に進行しているようだ。

なお既報によると本企画は、リミテッド・シリーズとして製作される見込みで、全5~6話構成になるとのことだ。ポン監督が映画版に収められなかった構想に基づく「6時間の映画」として、「ドラマ版を映画の拡大版として検討している」という。また、マーク・ラファロがメインキャストのひとりとして噂もされているが、「正式ではない」と否定もされているため、今後の動向に引き続き注目したいところだ。

Source: Collider ,  Happy Sad Confused

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly