Menu
(0)

Search

ロバート・パティンソン、『ザ・バットマン』撮影テストのためノーラン監督に嘘をつくも、あっさり見抜かれてしまう

ロバート・パティンソン クリストファー・ノーラン
[左]Photo by Maximilian Bühn https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Robert_Pattinson_Premiere_of_The_Lost_City_of_Z_at_Zoo_Palast_Berlinale_2017_02.jpg [右]Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Christopher_Nolan_Cannes_2018.jpg

DCコミックスによる単独映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』でバットマン/ブルース・ウェインに抜擢されたのは、『グッド・タイム』(2017)『ハイ・ライフ』(2018)などで知られるロバート・パティンソン。ところが、『ザ・バットマン』の撮影テストを受ける為には、クリストファー・ノーラン監督に嘘をつく必要があったようだ……。

The Irish Timesのインタビューに登場したパティンソンは、ノーラン監督最新作『TENET テネット』の撮影時期が、『ザ・バットマン』の撮影テストと重なってしまったことを明かした。そして、「クリスは自分自身の映画に関する全てに対して、徹底した秘密主義者なんですよ。面白いですよね」と前置きしながら、「僕自身も『ザ・バットマン』については、秘密にしなければならなかったので、撮影テストに参加する時は、クリスに嘘をつきました」と暴露している。ところが、鋭いノーラン監督には一瞬にして嘘を見抜かれてしまったようだ。「“家族の急用”と伝えたら、“『ザ・バットマン』のことでしょう?”と言われてしまいましたよ」

ちなみに以前、パティンソンは『TENET テネット』の撮影現場で、『ダークナイト』3部作で革命を起こしたノーラン監督にバットスーツについて色々と尋ねていたことを明かしている。「どうすればスーツを着て激しく動けるのかって」。

バットマンの若き日を描く『ザ・バットマン』は、2020年1月下旬に撮影が開始されたものの、新型コロナウイルスの影響を受けて、3月中旬に撮影中断。現在も撮影再開の時期については発表されていないため、続報が待たれるところ。一方の『TENET テネット』は、2020年9月3日の米国公開に先駆けて、8月26日から欧州・アジア圏を皮切りに世界各国で順次公開となる。日本国内は当初の予定から変更なく、9月18日に全国公開予定だ。

映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』は2021年10月1日に米国公開予定。

Source: The Irish Times

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly