Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』リドラー役ポール・ダノ、子供の頃は「X-MEN派でした」─「今はバットマンのスーパーファン」

ポール・ダノ
Photo by dtstuff9 https://www.flickr.com/photos/dtstuff9/15190073061/ Remixed by THE RIVER

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)『プリズナーズ』(2013)『スイス・アーミー・マン』(2016)などの話題作に出演しては圧倒的な存在感を放ってきた俳優、ポール・ダノDCコミックス『THE BATMAN -ザ・バットマン-』ではメインヴィランのリドラーを演じているが、どうやら子供の頃のダノは、マーベルへの関心が強かったようだ。

ポール・ダノはアメリカのトークショー番組『Late Night with Seth Meyers』に登場し、アメコミへの愛について語っている。『ザ・バットマン』ではゴッサム・シティを恐怖の底へと突き落とす最狂の知能犯、リドラーにふんしたダノはコミックを通して役作りを行ったことを明かす。「僕が演じた役は、バットマンに憧れている存在だったので、バットマンのコミックを撮影期間中はずっと読み漁っていました。これが僕の中で役を維持する方法だったわけです」と説明している。

リドラー役を演じたことで、「思うように眠れなかった日も何日かありました」と精神的にこたえた時もあったと過去に明かしていたダノだが、コミックを通しての役作りについては「最高の宿題でした」と話す。「子供の頃の僕は、とにかくコミックをずっと集めていました」とダノ。「どちらかというと、X-MEN派の子どもでしたね」としながらも、「今はバットマンのスーパーファンです。本当に大好き」だという。

もともとアメコミのファンだったというダノは、「そのカルチャーの一部になることは予想外でした」と想いを打ち明けながらも、その世界に参加できたことを喜んでいる。「シャイな人間なんです。ただ、バットマンのファンが大好きだし、コミックの世界も含めて、この映画を彼らと共有できて本当に楽しいです」。

THE BATMAN-ザ・バットマン-
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日より日本公開。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly