Menu
(0)

Search

『パディントン3』から前2作監督のポール・キングが離脱

パディントン
A STUDIOCANAL RELEASE (C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. PADDINGTON BEARTM, PADDINGTONTM AND PBTM ARE TRADEMARKS OF PADDINGTON AND COMPANY LIMITED www.paddington.com

ちょっとドジだけど、家族思いで心優しい、マーマレードが大好きなクマのパディントンを描く人気シリーズ『パディントン』の第3作から、前2作で監督を務めたポール・キングが離脱することが明らかになった。

ポール・キングは、『パディントン』(2014)と続編『パディントン2』(2017)でマイケル・ボンドによる児童文学「くまのパディントン」を実写化。サリー・ホーキンスやニコール・キッドマンベン・ウィショーら豪華キャストを迎え大ヒットを記録、1作目は英国アカデミー賞にも輝いた。

もともと3作目へのポールの続投は見込み薄とされていたが、英Empireにて新たに続投の予定がないことを明らかにした。ポールは『パディントン』シリーズについて「僕の人生最高」の作品だとした上で、「ある時点で止めなくては。別の誰かがひねりを加える時」と延べ、「クマの映画の3作目は作らないようにしています」と認めた。

『パディントン3』は2018年11月より脚本製作中の情報があったが、この度ポールは現在も執筆が行われていることを伝えている。「最後にパディントンが死ぬようなお話じゃないですよ。ロケットが付いたマーマレードの瓶で空に飛んでいくみたいなことはありませんので」とジョークも加えた。

ポールは現在、他のプロジェクトで手一杯だという。そのうちのひとつは、かねてより企画が伝えられていた『ウィリー・ウォンカ(原題:Willy Wonka)』『チャーリーとチョコレート工場』(2005)の原作小説「チョコレート工場の秘密」を原案とする新作映画だ。

『パディントン2』は、今もなお米レビューサイトRotten Tomatoesで脅威の批評家スコア100%を記録し続けている。好評を博した2作の後、ポール・キングの後を継ぐ新監督に注目が集まる。

アニメ化もされていました

Source:Yahoo!movies

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly