Menu
(0)

Search

『ペット2』邦題決定 ─ バナナマン設楽ら前作声優陣も続投、最新映像が公開に

ペット2
(C)Universal Studios.

飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろう――誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く物語と個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちを描いた映画『ペット』(2016)の続編が、『ペット2』の邦題に正式決定した。

また、前作で大好評だった吹替え版の主要声優陣の続投も決定。主人公マックス役を設楽統(バナナマン)、相棒デューク役を日村勇紀(バナナマン)。さらに2匹の飼い主ケイティ役を佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役を永作博美が演じる。


ペット2
(C)Universal Studios.

前作に続きマックスの声を務める設楽統は「前作で吹替えを担当させて頂いて、2回目はオファー来なかったらどうしようかなって思っていたんですが、本当に嬉しいです。特に家族には自慢できますから!」と、家族に一番に喜びを伝えた様子。前作の大ヒットを受け、「(声優を務めるのは)約3年振りですが、めちゃめちゃプレッシャーですよね。まだまだこれからもどんどん感じるんじゃないかなと思いますけど、作品が素晴らしいのでその辺は大丈夫だと思います!」と作品の出来上がりには全幅の信頼を置いているよう。

これからのアフレコの本番については、「前作では、収録後半からすごくノっていって、ゾーンに入ったみたいな時があったので、今作は前半からゾーンに入れるよう、最初からマックスになりきりたい思います!」と既に気合十分。最後に本作の公開を待っているファンへ、「今回も期待を裏切らない内容であることは間違いないですし、おなじみのキャラクターの他にも新キャラクターも出るみたいなので、夏までちょっと時間がありますが、ぜひ期待して待っていて欲しいです!」と贈った。

あわせて最新映像も公開。今回の映像は、マックスが飼い主のケイティと病院を訪れるシーン。「散歩に行かない?」と言われて外出したマックスだったが、行き先はなんと行動障害の名医がいる病院。マックスは必死に抵抗するも結局、診察を受けることに。病院の待合室に入ると、そこにいたのはなんともおかしなペットたち。人間のほうがおかしいと話す情緒不安定な猫、同じ場所を走っているのに同じ場所にいることに疑問を抱くハムスター、思い込み激しく勝手に不安になる犬、「火、つけちゃうんだよー」と不気味な笑顔の双子猫。不安になるマックスには、一体どのような診断が下されるのか?

まだまだベールに包まれた本作。本作では、飼い主がいない間にどのような大騒動が巻き起こるのか。マックスが病院で診断された内容は?この後物語はどんな展開になっていくのだろうか。2019年夏、あのお行儀よく留守番できない”彼ら”の新たな展開に注目しよう。

『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントの最新作『ペット2』は、2019年夏全国公開。

『ペット2』公式サイト:http://pet-movie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly