Menu
(0)

Search

「トビー・マグワイアを『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にピザ配達員役で出そう」ファンの署名活動が話題に

『スパイダーマン2』ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)
© Sony Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のスパイダーマンシリーズ最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に、2002〜2007年のサム・ライミ監督版三部作でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたトビー・マグワイアをカメオ出演させて欲しいと願う署名活動が話題を呼んでいる。

署名サイトchange.orgでこう呼びかけたのは、カナダのOwen Leeさん。「トビー・マグワイアを『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にピザ配達員役で出そう」と題したこのキャンペーンにに、本記事公開時点で52,000人以上のファンが賛同。目標とする75,000人まであとひと弾みといったところだ。

『スパイダーマン2』ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)
『スパイダーマン2』より。© Sony Pictures 写真:ゼータイメージ

このキャンペーンでOwenさんは「スパイダーマンのOG(卒業生)がMCUにピザ配達員でカメオ登場したら、どれだけ楽しいか考えてみてください。しかも、もしかしたらMCUにおけるスパイダーバースのきっかけになるかもしれないでしょう」と、愛とユーモアあふれる主張を展開。コメント欄には、「で、アンドリュー・ガーフィールドにピザを頼んでもらおう」という書き込みも見られる。言わずもがな、アンドリュー・ガーフィールドは2012年と2014年の『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでスパイダーマンを演じた俳優だ。

トビー・マグワイア演じるピザ配達員時代のピーター・パーカーといえば、『スパイダーマン2』(2004)に登場。ニューヨークの街角で評判のJoe’s Pizzaにてアルバイト勤務するも、ヒーローとしての「やるべき仕事」もかかった二重生活で多忙を極め、ピーターはいつも遅刻ばかり。相性の悪いことに、このJoe’s Pizzaはオーダー後29分以内に配達が間に合わなければ代金がタダになるというスピード命の職場だった。遅刻続きのピーターは「最後のチャンス」として、ハーマッタン法律事務所に特大ピザ8枚を7分半で届けるという仕事を任される。渋滞気味のニューヨークの車道にしびれを切らしたピーターはスパイダーマンに変身。箱を脇に抱えてスイングしながら配達を済ませるが、やはり約束の時間に間に合わず、店主からはクビを言い渡されてしまう…。

トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールド、そしてトム・ホランドへと三代に渡って演じられたスパイダーマンだが、これまでに先輩スパイディらはホランドによる若きスパイダーマン像に歓迎的な姿勢を見せている。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で初登場した当時、トビーは「君はスパイダーマンとして素晴らしいよ。頑張れ!」とエールを贈っており、アンドリューは『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)予告編が公開された当時「すごく興奮した。待ちきれないよ!」と喜んでいる

トム・ホランド自身も先輩俳優との共演をかねてより望んでおり、とりわけトビーについては「「ロサンゼルスに『ベイビー・ドライバー』を観に行ったら前にトビーさんが座っていて、ちっちゃい声で名前を呼んじゃった」「ベンおじさんを演じてほしい」との願いを語ったことがある

もしも先輩トビー・マグワイアと、現役トム・ホランドの共演がわずかにでも実現したら…ファンにとっては感動的な瞬間となるに違いない。ただし、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は既に本撮影を終了させている。もしも仮に制作陣がこの意見に興味を示したとしても、今からねじ込むのは厳しいだろう。ピザ配達員トビー、やはりここでも間に合わなかったか。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月5日に米国公開予定。

Source:change.org

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly