【更新】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ベネチアでの撮影終了 ― トム・ホランドが報告

[更新 2018年10月17日]
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』はこのあとも撮影が続けられ、2018年10月16日(米国時間)にトム・ホランドが撮影を終えている。

マーベル・シネマティック・ユニバースにおける映画版『スパイダーマン』シリーズの第2作、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が無事にベネチアでの撮影を終了したようだ。ピーター・パーカー/スパイダーマン役として主演を務めるトム・ホランドがInstagramにて報告している。

ホランドは2018年7月から始まった『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のベネチアでの撮影終了を報告し、ファンやスタッフに感謝の言葉を述べている。ベネチアのほか、撮影はチェコの首都プラハ、ホランドの故郷であるイギリス・ロンドン、そしてニューヨークでも撮影が行われている。

 

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編となる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)および『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)を経て、“その数分後から始まる物語”ともいわれている。またマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によれば、本作ではピーター・パーカーと仲間たちが夏休みにヨーロッパへと出かけることになるようだ。少なくともイギリスとイタリア、チェコの3都市をめぐることになるのだろう。

本作にはヴィランのミステリオ役で『ナイトクローラー』(2014)などの人気俳優ジェイク・ギレンホールが出演交渉に入ったと報じられていたほか、前作『ホームカミング』でバルチャー役を演じたマイケル・キートンが再登場するという情報もある。
また、前作に登場した仲間たちの再登場が有力視されているほか、マーベル・シネマティック・ユニバースからは、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリー、コビー・スマルダーズ演じるマリア・ヒルが登場すると伝えられた。なお新キャストとして、『ホース・ソルジャー』(2018)のヌーマン・アチャル、前作公開時のコラボCMに出演していた俳優・コメディアンのJ・B・スムーヴが出演する。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月5日に米国公開予定。前作のジョン・ワッツ監督、脚本家のエリック・ソマーズ&クリス・マッケナも再登板する。

Source: Tom Holland

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。