Menu
(0)

Search

『パーシー・ジャクソン』新ドラマがディズニープラスで正式始動、『アリス・イン・ワンダーランド』監督が参加へ

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
© Twentieth Century Fox 写真:ゼータイメージ

ディズニープラス(Disney+)にて新たに蘇るドラマ版「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が遂に本格始動だ。原作者のリック・ライアダンが、ドラマ「Percy Jackson and the Olympians(原題)」として米ディズニーより企画が正式に発注されたことを発表した

ベストセラー小説『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は、2010と2013年に映画2部作が公開。このたびのドラマ企画制作は、2020年5月に発表されていた。以降、脚本を手掛けるライアダンは、「See 〜暗闇の世界〜」(2019-)などのジョン・スタインバーグと共に執筆作業にあたっており、正式に発注されていない段階で行われていたディズニー社の幹部との会議の順調ぶりを報告してもいた

本シリーズの正式始動と共に、パイロット版の監督も発表され、『ザ・マペッツ』シリーズや『アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜』(2016)などで知られるジェームズ・ボビン監督に決定した。ライアダンは動画の中で、「ジェームズは本当にすごい人で、監督としての才能にあふれている」と絶賛。さらに、「ジェームズは『パーシー・ジャクソン』の本をとても良く理解していて、彼の子どもたちも本が大好きみたいで、とにかくとても仲良くやっています」とボビン監督の起用にご満悦のようだ。

気になるキャスティングについては現在も進行中とのこと。2022年夏の撮影開始が見込まれているという。ちなみに、映画版でパーシー・ジャクソン役を演じたローガン・ラーマンは、ドラマでの再演の可能性について前向きな姿勢を示していた

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly