Menu
(0)

Search

映画『ゴーストバスターズ』を再現可能なプレイモービル「PLAYMOBILE Ghostbusters™」がカワイイ!

PLAYMOBILE Ghostbusters™

ドイツのバイエルン州ミッテルフランケンに本社を置くゲオブラ・ブランドシュテーター社の組み立て玩具、「プレイモービル(Playmobile)」のことをご存じの方は多いと思う。

統一された縮尺と世界観によってシリーズ化されている本商品は、自分の工夫次第で様々な箱庭世界を創り出すことが可能であり、世界的にも人気を博している。日本国内ではどちらかと言えば、デンマークのレゴ社が販売している同様の組み立て玩具「レゴブロック」の認知度のほうが圧倒的優勢を誇っているようなイメージが強いが、個人的にはプレイモービル贔屓である。

今回はそのプレイモービルから、映画作品をモチーフとしたシリーズとして2017年5月17日にリリースされた商品、「PLAYMOBILE Ghostbusters™(プレイモービル・ゴーストバスターズ)」をご紹介したい。

映画『ゴーストバスターズ』とは

1984年のアイヴァン・ライトマン監督による伝説的ホラー・コメディ映画『ゴーストバスターズ』のことを知らない方は少ないのではないかと思うが、念のため簡単にご説明しておこう。

物語は、ニューヨークのコロンビア大学で超常現象の研究をしている3人が、大学を追い出されたことを切っ掛けとして“幽霊退治”のビジネスをはじめるという内容である。3人の研究員を演じているのは、ピーター・ヴェンクマン博士役のビル・マーレイ、レイモンド・スタンツ博士役のダン・エイクロイド、そしてイゴン・スペングラー博士役のハロルド・ライミスである。その他にも、ディナ・バレット役のシガニー・ウィーバーや、正に物語のカギを握るルイス・タリー役のリック・モラニスなどが出演している。

同映画作品に関しては、2016年にポール・フェイグ監督による同名のリブート作品が製作されて話題を集めていたが、個人的にはかつてのオリジナルに対する思い入れの強さから、まだリブート版『ゴーストバスターズ』には手を出していない…。当初はオリジナルの第2弾『ゴーストバスターズ2』の続編という構想で、つまり『ゴーストバスターズ3』との話だったのだが、イゴン・スペングラー博士役のハロルド・ライミスが2014年にこの世を去ってしまったなどの理由からアイヴァン・ライトマンが監督を降板し、完全なるリブート作品として製作されたようである。鑑賞していないので詳細に関しては不明であるが…。

「PLAYMOBILE Ghostbusters™」のラインナップ

では、そのラインナップをご覧いただきたい。

まずは「Ghostbusters™ Firehouse(ゴーストバスターズ・ファイアハウス)」、これは物語の中で、ゴーストバズターズのメンバーが事務所として使用するために買い取った払下げの消防署である。

Ghostbusters™ Firehouse
http://www.playmobil.ca/en/ghostbusters%E2%84%A2-firehouse/9219.html

セットに含まれているキャラクターとしては、前述のレイモンド、イゴン、ルイスに加え、アニー・ポッツが演じる受付嬢のジャニーン・メルニッツと、登場シーンは違うけれど図書館に現れる老婆のゴースト。さらには細かなアクセサリーも、プロトンパックやゴースト保管装置をはじめ、異常に豊富過ぎるほど付属している。商品の詳細に関してはコチラをご覧いただきたい。

ちなみに映画の中でロケ地となっているのは、ニューヨークのトライベッカにある実際の消防署だったのだが、話によればずいぶん前に閉鎖されているようで、現在(2017年6月)の状況に関しては不明。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m0!4v1496979714528!6m8!1m7!1sj8IXM7DHvyH8Tdp2sT3iBA!2m2!1d40.71975422399108!2d-74.00675317977331!3f140.97436924609815!4f16.98187997725897!5f0.7820865974627469&w=600&h=450]

そして前述の「Ghostbusters™ Firehouse」で遊ぶためにも欠かせない、「Ghostbusters™ Ecto-1(ゴーストバスターズ・エクトワン)」。これはゴーストバスターズの専用車両であり、レイモンドが中古で手に入れてきたものに手を加えた映画ではお馴染みのもの。

Ghostbusters™ Ecto-1
http://www.playmobil.ca/en/ghostbusters%E2%84%A2-ecto-1/9220.html

セットに含まれるキャラクターは、前述の受付嬢ジャニーンのユニフォーム・バージョンと、人手不足のためにメンバーとして雇われた、アーニー・ハドソン演じるウィンストン・ゼドモアである。商品の詳細はコチラからどうぞ。

さらに、本作品に無くてはならない巨大ゴーストのマシュマロマン「Stay Puft Marshmallow Man(ステイパフト・マシュマロマン)」もリリースされている。付属しているのはもちろん、創造主であり想像主のレイモンド。

Stay Puft Marshmallow Man
http://www.playmobil.ca/en/stay-puft-marshmallow-man/9221.html

マシュマロマン・セットの詳細はコチラからどうぞ。

この他にも、スライマーが付属する「Slimer with Hot Dog Stand(スライマー・ウィズ・ホットドック・スタンド)」、ピーターとディナ、そしてテラードッグがセットになった「Venkman and Terror Dogs(ヴェンクマン・アンド・テラードッグス)」、イゴンとゴースト2体のセット「Spengler and Ghost(スペングラー・アンド・ゴースト)」がリリースされている。

Slimer with Hot Dog Stand
http://www.playmobil.ca/en/slimer-with-hot-dog-stand-/9222.html
Venkman and Terror Dogs
http://www.playmobil.ca/en/venkman-and-terror-dogs/9223.html
Spengler and Ghost
http://www.playmobil.ca/en/spengler-and-ghost/9224.html

実は同様に『ゴーストバスターズ』をモチーフにした商品は、前述のレゴブロックからもリリースされている。公開から30年以上の時を経てなお、米国ポップカルチャーにおける本作品の揺るぎなき存在が、非常によくわかる事象であろう。

 

この他にもプレイモービルの公式のウェブサイトには、「PLAYMOBILE Ghostbusters™」の情報がテンコ盛りなので、『ゴーストバスターズ』愛好家の方、またプレイモービル蒐集家の方は、ぜひ訪れていただきたい。

それでは最後に、「PLAYMOBILE Ghostbusters™」リリースを記念して制作されたプロモーション映像をご覧いただきたい。

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”ゴーストバスターズ” sort=”latest_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”ゴーストバスターズ” custom_url=”https://theriver.jp/tag/ゴーストバスターズ/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Eyecatch Image:https://twitter.com/playmobil/status/862941710732722176

Writer

Mujina
MujinaMujina Tsukishiro

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly