Menu
(0)

Search

マーベル映画のパワー・ストーン、タイムラインで歴史を振り返る ─ 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで

https://www.instagram.com/p/CY_-7tQIgSr/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)はこれまで、全6種類を集めると強大な力を放つインフィニティ・ストーンをめぐる壮大な物語が描かれた。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)と『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)はそのクライマックスとなったが、『エンドゲーム』に至るまでのMCU全22作品は、「インフィニティ・サーガ」という通称が与えられている。

この「インフィニティ・サーガ」において、6つのインフィニティ・ストーンのうちの一つとして登場したパワー・ストーン。触れたものの肉体はおろか、惑星や文明そのものを破壊するほどの力を秘めた恐ろしいストーンで、この争奪戦は主に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)で描かれた。

その後はサノスに奪われ、『インフィニティ・ウォー』や『エンドゲーム』へと連なっていくパワーストーンの足取り。Marvel UK公式Instagramアカウントは、パワーストーンの辿った旅路を、わかりやすいインフォグラフィックス形式でまとめている。

パワーストーンのタイムライン

太古 〜 2014

  • インフィニティ・ストーンが誕生する。
  • セレスティアルズによって使用される。
  • 石を利用する試みが失敗する。
  • 惑星モラグにてオーブの中に納められる。

2014

  • ネビュラに奪われる(タイムライン分岐)。
  • (2023年から生じたタイムライン)キャプテン・アメリカによって戻される。
  • ピーター・クイルに奪われる。
  • ピーター・クイルが落とす。
  • 一時的にオーブから取り出される。
  • コレクターのミュージアムを破壊するため偶然使用される。
  • ネビュラに入手される。
  • ロナンが振りかざす。
  • ノバ軍の封鎖を破壊するために使用される。
  • ガーディアンズに向けて使用される。
  • ザンダー星を破壊するために使用される。
  • ピーター・クイルに奪われる。
  • ロナンを倒すため、ガーディアンズによって使用される。
  • ザンダー星で保管される。

2018

  • サノスによってザンダー星から持ち去れる。
  • 全ての生命の半分を消し去るため、サノスによって使用される。
  • サノスによって破壊される。

2023

  • (2014から生じたタイムライン)生命を取り戻すため、ハルクによって使用される。
  • サノス軍を消滅されるため、トニー・スタークによって使用される。
  • キャプテン・アメリカによって2014年に戻される。

欄外

  • 別のストーンたち、文鎮として使われる。

現在のMCUは、インフィニティ・ストーンをめぐる戦いはひと段落し、次はマルチバースに関するさらに壮大な物語へ進んでいる。気になるのは、ドラマ「ロキ」に登場していた、もはや文房具と化したストーンたちの存在だが……?

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly