Menu
(0)

Search

キャプテン・アメリカのシールド、タイムラインで歴史を眺めてみよう ─ 『ザ・ファースト・アベンジャー』から「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」まで

https://www.instagram.com/p/CWxt9yeoyYH/

「持ってみろ。感想は?」「借り物みたいだ」

マーベル・シネマティック・ユニバースキャプテン・アメリカと共に戦った、象徴的なシールド。ヴィブラニムで製造された、最も逞しいこのシールドは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)で初登場して以来、スティーブ・ロジャースと共に様々な戦いを共にした。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)では半分に割られ、過去に戻ったことでもう一つのシールドが生じている。現在は「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を経て、新たなるキャプテン・アメリカことサム・ウィルソンの手にある。

そんなシールドの長年に渡るタイムラインを、Marvel UK公式Instagramアカウントが、わかりやすいインフォグラフィックス形式でまとめている。こうして見ると、様々なドラマを経てきたものなのだと感慨深い。左(から失礼!)から右にスワイプして眺めてみよう。

キャプテン・アメリカのシールド タイムライン

1943

  • ヴィブラニウムのシールドがハワード・スタークによって作られる。
  • スティーブ・ロジャースの手に渡る。
  • 第二次世界大戦で使用される。
  • 一時的にバッキー・バーンズに使用される。
  • 氷漬けになる。

2012

  • スティーブ・ロジャースが回復する。
  • タイム泥棒の中で、もう1枚と衝突する。
  • (時間の分岐)

2014

2015

  • 電磁力パネルのアップグレード。
  • ブラック・ウィドウのウルトロン セントリーズとの戦闘に使用される。
  • テロ対策本部によって没収される。

2016

  • エージェント13によって、スティーブ・ロジャースの元に戻される。
  • スパイダーマンに奪われる。
  • アントマンによって戻される。
  • ブラックパンサーによってダメージを受ける。
  • トニー・スタークの元に置いていかれる。

2023

  • スティーブ・ロジャースの元に戻される。
  • 時間泥棒(2012年に戻る)
  • サノスによって半分に割られる
  • スティーブ・ロジャースによって、サム・ウィルソンに与えられる。
  • サム・ウィルソンによって、スミソニアン博物館に寄贈される。
  • 米政府によって、ジョン・ウォーカーに与えられる。
  • ジョン・ウォーカーによって、丸腰のフラッグスマッシャー抹殺に使われる。
  • バッキー・バーンズとサム・ウィルソンによって、ジョン・ウォーカーから持ち去られる。
  • キャプテン・アメリカであるサム・ウィルソンによって扱われる。
ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

キャプテン・アメリカのシールドの旅はまだまだ続く。今後には、『キャプテン・アメリカ』映画第4作の製作が決定しており、高潔なるサム・ウィルソンと共に再登場を果たすだろう。製作や公開に関する時期は伝えられていないが、楽しみに待ちたい。

あわせて読みたい

※訂正:2021年12月8日 一部表現を訂正いたしました。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly