Menu
(0)

Search

「パワーパフガールズ」ドラマ実写版、クロエ・ベネットがブロッサム役から降板

クロエ・ベネット
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/40400333934/ Remixed by THE RIVER

カートゥーンアニメ「パワーパフガールズ」ドラマ実写化企画、「Powerpuff(原題)」よりメインキャストのひとりであるクロエ・ベネットが、ブロッサム役から降板したことが明らかになった。米Varietyが報じている。

本作は、2021年秋の米放送を目指して、パイロット版の撮影はすでに完了済みだった。ところがその後、撮影を完全に仕切り直すことが報じられたのだ。このたびの報道によると、この影響を受けて、クロエ・ベネットはスケジュールの都合が合わなくなってしまったのだという。現時点では、ブロッサム役の代役は決定しておらず、キャスティングは今秋から開始されるとのこと。そのほかのキャストは、ダヴ・キャメロンがバブルス役、ヤナ・ペローがバターカップ役、ドナルド・フェイソンがユートニウム博士役として引き続き出演する。

撮影が仕切り直しとなった理由については以前、米CW局のマーク・ペドウィッツCEOが、「ちょっとわざとらしすぎて、あまり現実感がなかった」と説明。一方でダヴ・キャメロンは、「全員が幸せになるものにして、相応しく解釈されたものにしなければなりません」としながら、「いくつかの要素を取り除き、他の要素と入れ替えようとしているところなんです。脚本はさらに凄いものになるでしょう」と仕切り直しに対して前向きな姿勢も示していた

なお既報によると本作では、少女だったパワーパフガールズたちが、「犯罪との戦いに明け暮れて子供時代を失った、失意の20代」として描かれると伝えられていた。仕切り直しにあたって、物語がどう変化するのかは定かでないが、キャストの方向性に変更がないということは大人時代を描くという設定はそのまま継承されそうだ。

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly