Menu
(0)

Search

Netflix「パニッシャー」製作総指揮スティーブ・ライトフット、『ブレイド』ドラマ化を熱望

ブレイド
SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 写真:ゼータ・イメージ

「元祖マーベル映画」として、今なお根強い人気を誇るブレイドシリーズの再映像化を望む声は多い。Netflixオリジナルシリーズ「Marvel パニッシャー」(2017-)の製作総指揮を務めるスティーブ・ライトフットもそのひとりだ。

マーベル・コミックスを原作とした映画『ブレイド』シリーズの第1作は、『X-MEN』(2000)よりも先駆け、ウェズリー・スナイプス主演で1998年に登場。2002年に2作目、2004年に3作目が公開される人気シリーズとなった。

Comicbookのインタビューに応じたライトフットは、ブレイドの登場するシリーズの脚本を執筆してみたい旨を明かし、以下のように語っている。

「僕だけかもしれないし、(製作権利が)どこにあるか全く分かりませんが、ブレイドの大ファンなんです。なので、テレビ版が製作されるのを期待しています。素晴らしいテレビ版ができると思いますよ。

『ブレイド』の映像化権は2019年1月現在、ケヴィン・ファイギ社長率いるマーベル・スタジオが取得している。マーベル・スタジオは『アベンジャーズ』シリーズを始めとしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画シリーズを主に手がけている他、2019年にディズニーが開始する新ストリーミング・サービス「Disney+」で、MCUドラマシリーズを製作することも決定している。もしも『ブレイド』の新作が製作されたら、活躍の場は「Disney+」にもあるのだ。ちなみに、ドラマ「パニッシャー」はマーベル・テレビジョンが手がけているため、残念ながら現時点でのコラボは難しいだろう。

なお、映画『ブレイド』シリーズで主演・製作を兼任したウェズリー・スナイプスによると、ファンの想像以上に『ブレイド』新作の企画は現実的に動いている部分があるいう。スナイプスは、マーベル・スタジオとの間で話し合いを進めていると告白した上で、「この世界(現実の社会)にきちんとフィットする企画を2つ作ってきました」と具体的なアイデアもあると明かしていた。また、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長も「今すぐじゃない」としながらも「いつか作る」と宣言している

現時点ではまだ夢物語だが、いつかパニッシャーとブレイドが実写映像で共演することがあれば、ファンのみならずライトフットも大喜びだろう。

Source: Comicbook

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly