Menu
(0)

Search

サム・ライミ、ドクター・ストレンジは「かつて2番手3番手キャラだった」 ─ 『スパイダーマン2』でもネタ化、今や単独映画に

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
(c) Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でドクターストレンジは今や欠かせない存在となっている。続編『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でメガホンを取ったサム・ライミは、かつて同キャラクターに対して抱いていた思いを明かしている。

今でこそ、アメコミやマーベル・ファンの間で知らない人はいないキャラクターとなったドクター・ストレンジだが、キャプテン・アメリカやスパイダーマンたちに比べれば、かつては知名度が低かったと言わざるを得ないだろう。そんなキャラクターについて、米AMC Theatersのインタビューに応じたライミが次のように語っている。

「(ドクター・ストレンジは)マーベルで2番か3番手のキャラクターで、明らかに大きな人気を博していたのはスパイダーマンやファンタスティック・フォー、アベンジャーズ、キャプテン・アメリカ、ソーでした。そういった映画はどれも製作されていなかったので、マーベルがドクター・ストレンジの映画を作るとは想像もしていませんでした。あり得ないことだと思えたからです。

『スパイダーマン2』(2004)のワンシーンでは、ドクター・ストレンジの名前が言及される。新聞社「デイリー・ビューグル」の編集長であるJ・ジョナ・ジェイムソンがドクター・オクトパスの名前を考えていた時に、ジェイムソンは助手から「ドクター・ストレンジはどうですか?」と提案されるも、「その名前は使われている」と却下されていた。ライミは、同作で小ネタとして使ったドクター・ストレンジの単独映画シリーズが製作され、しかも、自分が第2作の監督を務めるとは思いもしなかっただろう。

これまでにマーベルは、映画が製作されるまで一般的に知名度が低かったアイアンマンやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなどを主人公にした作品を生み出している。今後も比較的マイナーなスーパーヒーローを軸にした映画が誕生し、新たな人気者となることもありそうだ。

間違いなく1番手に昇格したドクター・ストレンジを描く『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は公開中。

Source:AMC Theaters

※訂正:記事初出時より、内容を一部修正いたしました。

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly