Menu
(0)

Search

ティモシー・シャラメの弾き語り、シチュエーションが危険 ─ 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』より

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

巨匠ウディ・アレン監督最新作、ティモシー・シャラメ&エル・ファニング主演レイニーデイ・イン・ニューヨークが本日2020年7月3日(金)に公開された。このたび、ティモシー演じるギャツビーの弾き語りシーンが到着。ティモシーの美声を二人きりで聴いているのは、歌姫セレーナ・ゴメス演じる“元カノの妹”チャンだ。なんだかよろしくない気配がする……。

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。アシュレーが学校の課題で、有名映画監督ローランド・ポラードにインタビューする機会に恵まれたのがきっかけだ。生粋のニューヨーカーであるギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内する計画を練る。ところが、2人の計画はまたたく間に狂い始めて……。

公開されたのは、ギャツビーがアシュレーにデートをキャンセルされたあと、学生映画の撮影中だった“元カノの妹”チャン(セレーナ・ゴメス)と出会い、撮影でチャンと本気のキスを交わし、そして彼女の家を訪れたあとのシーン。どう考えてもいろいろとアウトだが、ともかくギャツビーは元カノの家を懐かしみながら、年代もののピアノで弾き語りはじめるのだった。いったいどういうつもりか。

ナンバーはジャズの定番、チェット・ベイカーの「Everything Happens To Me」。ギャツビーは「ゴルフの約束をすると決まって雨が降る」「いつも災難が降りかかる」と、アシュレーにデートの予定をキャンセルされた心情を歌詞に重ねる。かたや、チャンは雨に濡れた身だしなみを整えながら、「君が運命を変えてくれると思った」「愛の力で絶望を終わらせてくれると」と歌うギャツビーの声に耳を傾けていた。「たった一度の恋 君でなければダメなのに」「ツキの悪い男なのさ」。ギャツビーが歌い終えるころ、チャンはそばに来ていて、「いい曲ね」と思わず感嘆の声を漏らすのだった。2人ともけしからん。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は2020年7月3日(金)より全国公開中。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly