Menu
(0)

Search

全ては『インフィニティ・ウォー』につながる!マーベル映画に登場するインフィニティ・ストーンのひとつ、『リアリティ・ストーン』とは

マーベル・シネマティック・ユニバースでは、様々な形でインフィニティ・ストーンが登場することは、ファンならばご存知だろう。『アベンジャーズ』シリーズの次回作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』の情報が錯綜している現在ではあるが、マーベル・シネマティック・ユニバースの世界を、合計6つのインフィニティ・ストーンで振り返ることで、映画におけるインフィニティ・ストーンの活躍を予想したい。

前回は4次元キューブに格納されている「スペース・ストーン」をご紹介した。第2回目の今回はリアリティ・ストーンに注目してみよう。

リアリティ・ストーンとエーテル

https://moviepilot.com/posts/3332410
https://moviepilot.com/posts/3332410 © 2013 Marvel

リアリティ・ストーンは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』に登場したエーテルに内包されている。劇中ではダークエルフのリーダーであるマレキスがこのエーテルを使用し、宇宙をビッグバンと同様にして永遠の闇へと葬ろうとした。アスガルド軍はかつてダークエルフ陣営からこのエーテルを奪っていたものの、現代でソーの恋人であるジェーン・フォスターが、エーテルの力をその身に取り込んでしまう。ジェーンの身を案じたソーはジェーンをアスガルドで保護するが、彼女はエーテルの存在に気づいたマレキスに誘拐されてしまった。マレキスはジェーンからエーテルを分離することに成功し、エーテルの力で地球と宇宙を闇に葬ろうとする。もちろん最終的には、ソーによって実行は防がれるのだが。

http://comicvine.gamespot.com/forums/battles-7/mcu-malekith-the-accursed-vs-dceu-wonder-woman-1792633/
http://comicvine.gamespot.com/forums/battles-7/mcu-malekith-the-accursed-vs-dceu-wonder-woman-1792633/ © 2013 Marvel

『アベンジャーズ』以降にあたる『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』では、アスガルドには4次元キューブが保管されている。そこでリアリティ・ストーンは、強大な力を一つの場所に集めておかないよう、シフによってコレクターのもとに届けられた。しかし『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』ではコレクターが別のストーンを手に入れようとしており、わずかではあるが、結果的に2つのストーンが揃ってしまっている……。

http://www.thisisinsider.com/what-are-infinity-stones-2016-11 © 2013 marvel
http://www.thisisinsider.com/what-are-infinity-stones-2016-11 © 2013 marvel

なお、エーテルは英語で“Aether”と綴られる。これは4次元キューブ(“Tesseract”)につづき、ほかのストーンが格納されたアイテムの頭文字と合わせると『インフィニティ・ウォー』のヴィランであるサノス(=Thanos)の頭文字を構成するものである。

原作におけるリアリティ・ストーン

原作においてインフィニティ・ストーンは「インフィニティ・ジェム」と呼ばれており、したがってリアリティ・ストーンも「リアリティ・ジェム」とされている。映画では赤色のアイテムだが、原作では黄色である。現実を操作する能力をもち、リアリティ・ジェムの保有者が望むものを具現化する。かつてアイアンマンやMr.ファンタスティックが組織していた極秘チーム「イルミナティ」がインフィニティ・ジェムを持っていた際は、ブラックボルトというインヒューマンズのリーダーによって管理されていた。

『マイティ・ソー/ダークワールド』では、赤い雲状の物体によって、様々なものが破壊されていった。もしかすると、リアリティ・ストーンの能力は原作とは少し異なるのかもしれない。『インフィニティ・ウォー』では、サノスがこのストーンでヒーローたちを苦しめるものと予想できるが、その使い方は不明だ。『ダーク・ワールド』でマレキスが使ったのと同じ方法かもしれないし、原作同様、サノスの念じるものを具現化するのかもしれない。例えばアイアンマンのリパルサーを、リアリティ・ストーンで作ったシールドで防いだりするのかも……。

Eyecatch Image: http://www.thisisinsider.com/what-are-infinity-stones-2016-11
© 2013 Marvel

Writer

baron8472
baron8472

アメコミ、映画が大好きです。小学生のときからMarvelにハマっています。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly