Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』レッド・ガーディアン、『アベンジャーズ』サノス戦ではどこにいた? ─ 「面白いアイデアはたくさんあった」

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画『ブラック・ウィドウ』では、ロシア版キャプテン・アメリカと言われるスーパーヒーローレッド・ガーディアン/アレクセイが初めて登場する。原作コミックではアベンジャーズと戦ったこともあるレッド・ガーディアンは、本作のストーリーの後に起きたアベンジャーズ対サノスの頂上決戦では、どこで何をしていたのだろうか。

演じるデヴィッド・ハーバーも、『ブラック・ウィドウ』後にレッド・ガーディアンが歩んだ道のりについて想像を巡らしていたようだ。米Comicbookの取材にて、ハーバーは「ケイト・ショートランド(監督)と一緒に、レッド・ガーディアンがどうなったのかとか、彼に何が起きたのかとか全部、推測はしてみたんです」と明かしている。いわく、「面白いアイデアはたくさんあった」のだとか。

『ブラック・ウィドウ』でアレクセイと再会を果たしたナターシャは、その後『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で描かれたサノス軍との対決に合流。両作では、レッド・ガーディアンの行方が分かるような描写は出てこず、『ブラック・ウィドウ』後に彼が何をしていたのか、いわゆる裏設定は、(あったとしても)制作側にしか分からない。ハーバー自身も本当のことは分からないといい、「ケヴィン・ファイギにはまだ聞けていないんです。後で聞いてみますね」と、レッド・ガーディアンのその後に興味を示した。

ここでインタビュアーが、レッド・ガーディアンについて「サノスを動揺させてしまっていたから、彼を出すわけにはいかなかったんじゃないんですか?」と問いかけると、ハーバーは「たしかにそれはフェアじゃないですね、ああいうやつを戦いに出してしまうなんて」と同調。レッド・ガーディアンには勝ち目が無いということか、それとも強すぎてサノスでは相手にならないということなのか、どっちの意味にも取れそうだ。

もっとも、キャプテン・アメリカへの対抗心をメラメラと燃やしているレッド・ガーディアンだ、戦場に着いてもサノスどころではなく、スティーブめがけて猪突猛進していってしまうのでは?

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly