Menu
(0)

Search

『レッド・ノーティス』続編企画が進行中か、「アイデアを探っているところ」と監督

RED NOTICE レッド・ノーティス
Netflix映画『レッド・ノーティス』は2021年11月12日独占配信開始

ドウェイン・ジョンソンライアン・レイノルズガル・ガドットが豪華競演を果たした2021年最大のNetflix映画『レッド・ノーティス』に続編企画が存在していることがわかった。監督・脚本のローソン・マーシャル・サーバーが明かしている。

『レッド・ノーティス』では、冒頭の豪華俳優3人による世界を股にかけた強盗追跡劇が描かれた。2021年11月12日に配信開始となり、Netflix映画史上最高の初日配信世帯数を記録。これにとどまらず、配信後28日間での視聴時間数において、本作は2018年公開の『バード・ボックス』を抜き、Netflix映画史上最高の成績を残した。

Netflixはこれまでヒット作の続編製作を積極的に行ってきたが、『レッド・ノーティス』も例外ではない模様。米Colliderとの取材で、ローソン・マーシャル・サーバー監督は続編の進捗について口を開いた。

今は続編の脚本には取り組んでいません。次に何をやろうかとアイデアを探っているところです。これ(アイデア)については誰にも伝えないようにしているんです。Netflixとは、話し合いをしていますよ。

サーバー監督の話から察するに、続編企画は水面下で進んでいるらしい。現時点でNetflix側からのゴーサインも出されていないが、これも時間の問題だろう。懸念点といえば、ハリウッド随一のスターであるドウェイン、レイノルズ、ガドットのスケジュールを調整できるかどうか。3人それぞれが複数の次回作の撮影を控えているため、一筋縄ではいかなさそうだ。

Source: Collider, The Rock Instagram,Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly