Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』監督、ベン・アフレック版バットマンを称賛「大好きでした」

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

DC映画が新たに挑む単独映画『ザ・バットマン』のマット・リーヴス監督が、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)『ジャスティス・リーグ』(2017)でバットマンを演じたベン・アフレックを称賛した。

DC史上最大のバーチャルイベント第1弾「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」に登場した、リーヴス監督は「バットマンを演じるベン・アフレックが大好きでした。信じられない程に素晴らしかったです」と語った。 また、アフレックがバットマンとして登場する、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットの米国配信が控えている件については、「ザック(・スナイダー)が果たせなかった、本来の形で作品が仕上げられるみたいなので、本当に興奮しています。早く観たいですね」との言葉を捧げている。

当初、『ザ・バットマン』の主演・脚本・監督を兼任する予定だったベン・アフレックだが、2017年にアルコール依存症などを理由として、企画から離脱。個人的な問題の他、『バットマン vs スーパーマン』『ジャスティス・リーグ』の悪評やザック・スナイダー監督の途中降板などもあり、アフレックにとっては決して穏やかな仕事ではなかったのかもしれない。

しかし、2020年8月中旬、DC映画『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』で、バットマン役として復帰することが発表。同作にはティム・バートン監督『バットマン』(1989)からマイケル・キートン演じるバットマンが登場することも決定している。したがって、マット・リーヴス監督が称賛するベン・アフレック演じるバットマンを、再びスクリーンで観られるわけだ。誰もが期待せずにはいられないだろう……。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly