『最後のジェダイ』監督、スター・ウォーズ『ハン・ソロ』を賞賛!予告編の公開受けて「もっと観てもらうのが楽しみ」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)を手がけたライアン・ジョンソン監督が、シリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に賞賛を贈った。

2018年2月、『最後のジェダイ』は米AARPマガジン主催「大人のための映画賞(AARP Movies for Grownup Awards)』で最優秀作品賞を受賞。その授賞式が『ハン・ソロ』の特報映像が公開された直後に開かれたことから、ライアン監督は「予告映像が公開されることは知ってたんですか?」と尋ねられている。

Comicbook.comが聞き出した発言から察するに、どうやらライアン監督は『ハン・ソロ』の予告映像だけでなく、おそらく本編に関するなんらかの映像を観ているようだ。

「(映像が)公開されるのは知ってました。でも、僕も何回も(再生ボタンを)クリックして、“すごい、すごい!”って観てましたよ。とても美しいですよね。
あの映画を、みなさんにもっと観てもらうのが楽しみですすごく楽しくて、愉快なんですよ。出演者にも非常にカリスマ性があって。全員が素晴らしい仕事をしたと思います。」

もちろん、ルーカスフィルムがライアン監督に『ハン・ソロ』の内容を先んじて見せていてもまったく不思議ではない。ライアン監督は現在、『エピソード9(仮題)』以降に製作される新3部作の第1弾を手がけることになっているのだ。いまや彼はジョージ・ルーカスに次ぐ、J・J・エイブラムスと並んで重要な存在といえるだろう。もっとも逆に言えば、そんなライアン監督が『ハン・ソロ』に、大先輩ロン・ハワード監督の仕事にポジティブでないメッセージを語るはずがないのだが……。

若き日のハン・ソロによる冒険譚を描く『ハン・ソロ』は、銀河の裏社会を舞台に、「西部劇とフィルム・ノワールを融合させ、オフビートなユーモアを詰め込んだ」作品なっているという。『スター・ウォーズ』シリーズの重鎮、ローレンス・カスダンらによるストーリーテリングはもちろんのこと、その軽快なテイストにも期待したい。ちなみにロン監督は、残念ながらプロジェクトを離脱したフィル・ロード&クリス・ミラーの痕跡も「あちこちにある」と述べている

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国ロードショー
出演はオールデン・エアエンライク、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー、ウディ・ハレルソン、ポール・ベタニーほか。

Sources: http://comicbook.com/2018/02/27/solo-a-star-wars-story-rian-johnson/
https://screenrant.com/last-jedi-director-praises-han-solo-movie-star-wars-rian-johnson/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6855052782/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。