「僕だったら予告編観ちゃう」『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、「観ないで」の真意説明

※2017年10月10日22時追記

ライアン・ジョンソン監督が発言を撤回し、予告編を見ても良いと発表した。

【やっぱ観ていいって!】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督「予告編見ないで」発言撤回、「観てくれ」「我慢してくれてありがとう」

公開予定の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』予告編について、「絶対に観ないで(原文:absolutely avoid it.)」とツイートしたライアン・ジョンソン監督が、その発言の真意を説明した。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、予告編映像は「絶対に観ないで欲しい」

同監督は、「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の予告編、ライアン・ジョンソンが「絶対に観るな」と警告」との見出し踊るデイリー・エクスプレスのツイートを引用リツイートする形で、「そういうことじゃない。どうも釣り記事が出回っているみたいだ」と発信。続けて、このようにツイートした。

「ともかく、僕はクリーンな状態で映画を観たいという人たちが好きなんです。それって最高だと思う。僕?僕は弱い人間だからね。予告編は全部観ちゃうよ。」

この発言を読み解くに、新予告編には必ずしも「観ない方が良いネタバレ要素」が含まれているとは限らないようだ。しかし、「クリーンな状態で映画を観る」という心がけが良いという気持ちには賛同できるが、それってもう予告編の意味が無くなってしまうような…。

このツイートに対しファンから寄せられた「今夜予告編を観るのが怖いんですが、それって普通のことですか?あなたも、何百万人もの人が自分の映画の予告編を観ることが怖いですか?」との質問に「Yes & YES」と答えている。

ちなみにTwitterでは、ハッシュタグ#RianJohnson をつけてつぶやくと、監督の絵文字がつくようで、早速試した監督自身も「うわぁ、本当だ」とはしゃいでいる様子だ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。最新の予告編は、2017年10月10日午前に解禁される。

※2017年10月10日正午追記:ついに『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新予告編映像が公開された。

徹底解説!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新予告編映像を読み解く

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。