【やっぱ観ていいって!】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督「予告編見ないで」発言撤回、「観てくれ」「我慢してくれてありがとう」

「クリーンな状態で映画を観たいなら、予告編映像を絶対に観ないでほしい」と発言していた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が同発言を撤回し、「僕の言ったこと全ては忘れて、観て観て観て」とツイートした。

監督は、『最後のジェダイ』本予告編が公開される直前となった日本時間2017年10月9日夜、「クリーンな状態で映画を観たいなら、(予告編を)絶対に観ないでおくべき」と発言していた。これは、ファンから寄せられた「『最後のジェダイ』公開まですべての情報を避けよと仰ってましたが、次の予告編もそうすべきですか?」という問いかけに答えるものだった。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、予告編映像は「絶対に観ないで欲しい」

しかしこの発言が各メディアに大きく取り上げられ、「予告編にはネタバレがあるから、監督が観るなと警告している」といった強調と共に、様々に報じられた。すると監督は「そういうことではない、どうも釣り記事が出回っているみたいだ」として、「僕だったら全部観ちゃう」と発言。予告編を観ることは構わないことを示唆していた。

「僕だったら予告編観ちゃう」『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、「観ないで」の真意説明

ところがプチ騒動は収まらず、監督の訂正発言は「絶対に見ないでおくべき(原文:absolutely avoit it.)」のバイラルを打ち消すには至らなかった。そこでついに監督は、冒頭の言葉「僕の言ったことは全て忘れて、観て、観て、観て」とツイートするに至ったのである。

熱心なファンの中には、「監督がそう言うなら観ないよ」と、マスターの指示に実直に従う姿もチラホラ見受けられた。こうした献身的なサポートを見てのことか、監督は「スター・ウォーズ・ファンのみんな、本当に我慢してくれてありがとう。予告編は気に入ってくれたかな。今作をすごく誇りに思います。12月が待ちきれません」と謝辞を述べた。

というわけで、少々監督に振り回された1日だった感も否めないが、無事予告編は観ても良い、ということらしい。監督の規律をしっかり守っていた(ジェダイとしての素質溢れる)読者がいたら、ようやっとここで話題の予告編を観てみようじゃないか。

この予告編についての解説は、以下の2記事で展開中だ。

徹底解説!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新予告編映像を読み解く

秒刻み『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』本予告 13の小ネタ解説まとめ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日ついに公開。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。