リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンが死去 ─ 『トランスフォーマー』主題歌など

日本でも人気の高いアメリカのロックバンド、リンキン・パーク(LINKIN PARK)のボーカル、チェスター・ベニントンが亡くなった。TMZThe Hollywood ReporterVarietyなど複数の海外メディアが報じ、メンバーのマイク・シノダが自身のTwitterで認めた。現地時間の2017年7月20日朝、ロサンゼルスの自宅で首を吊った状態で見つかった。41歳だった。ロサンゼルスのブライアン・エリアス検死局長によると、自殺の可能性が高いとされる。

チェスターは、アリゾナ州フェニックスの出身。アルコールや薬物中毒の苦しみを告白していたものの、克服したと語っていた。

リンキン・パークは、『ハイブリッド・セオリー』(2000)でメジャー・デビュー。アメリカで2001年に最も売れたアルバムに認定された。続くセカンド・アルバム『メテオラ』(2003)は、アメリカ・イギリスで初登場1位を記録。収録曲”From The Inside”のミュージック・ビデオでは、『AKIRA』からの影響を見せ、”Breaking The Habit”では日本のアニメーション制作会社GONZOがミュージック・ビデオを製作した。2006年にはJay-ZとのコラボレーションEP『コリジョン・コース』を発表。”Numb/Encore”で第48回グラミー最優秀ラップ/ソング・コラボレーション部門を受賞したほか、同局は映画『マイアミ・バイス』(2006)主題歌にも起用。チェスターはこの年、ジェイソン・ステイサム主演の映画『アドレナリン』(2006)にもカメオ出演を果たしていた。
2007年に発表したサード・アルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』からは、リード曲の”What I’ve Done”が映画『トランスフォーマー』(2007)に起用。続編『トランスフォーマー:リベンジ』(2009)には”New Divide”が主題歌として書き下ろされた。

日系メンバーも所属するリンキン・パークは親日的なバンドとして知られ、来日公演や日本のメディア出演を幾度となく果たしている。2011年3月に発生した東日本大震災の際には、バンドが主導するチャリティ・プロジェクト『ミュージック・フォー・リリーフ』よりチャリティ・アルバム”Download to Donate:Tsunami Relief”を発表、リンキン・パークからは”Issho Ni(いっしょに)”が製作された。

リンキン・パークは、2017年5月に最新アルバム『ワン・モア・ライト』をリリースしたばかりだった。リード・トラックの”Heavy”では気鋭のシンガーKiiaraをフィーチャーし、”耐え続ける/どうしてこんなに重いんだ/耐え続ける/運ぶには重すぎる/僕を悩ませるものを引きずり回す/手放せば自由になれるのに/耐え続ける/どうしてこんなに重いんだ”と歌っていた。

チェスターは、5月26日に自殺により他界した親友のシンガー・ソングライター、クリス・コーネルの葬儀で”ハレルヤ”を捧げていた。7月20日は、奇しくもクリスの誕生日だった。

リンキン・パークのメンバーで、ラップ、ギター、キーボード、作曲を務めるマイク・シノダは自身のTwitterで「ショックで胸が張り裂ける想い。でも、事実だ。準備ができ次第、公式声明を発表する」とコメントした。

リンキン・パークは、2017年11月には来日公演を控えており、日本の人気バンドONE OK ROCKと共演予定だった。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。