Menu
(0)

Search

『ワンハリ』マーゴット・ロビー&マーガレット・クアリー、Netflixコメディドラマで再タッグ ─ アメリカの貧困を美しく探求

Margot Robbie Margaret Qualley マーゴット・ロビー マーガレット・クアリー
Photo by Gage Sklidmore https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Margaret_Qualley_(35970942582)_(cropped).jpg|Photo by Eva Rinaldihttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:SYDNEY,_AUSTRALIA_-_JANUARY_23_Margot_Robbie_arrives_at_the_Australian_Premiere_of_%27I,_Tonya%27_on_January_23,_2018_in_Sydney,_Australia_(25980751148)_(cropped)_(cropped).jpg|Remixed by THE RIVER

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)で共演したマーゴット・ロビーマーガレット・クアリーが、Netflixの新作コメディ・ドラマシリーズ「メイド(原題:Maid)」で再タッグを組むことがわかった。ロビーが製作総指揮を、クアリーが主演を務める。米Deadlineが報じた。

「メイド」の原案となるのは、貧困を題材とした作品を複数手がける女性作家ステファニー・ランドによる回顧録。クアリーは、家計を僅かでもやりくりするために家政婦となったシングルマザー、アレックスを演じる。アレックスは、貧困やホームレス、官僚主義など、様々な困難に立ち向かうことになる。また、本シリーズはアレックスの姿を通して、アメリカにおける貧困を美しく生き生きと、めげずに元気が出るような形で探求していくという。

脚本・ショーランナー・製作総指揮を務めるのは、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2013-2019)「シェイムレス 俺たちに恥はない」(2011-)執筆のモリー・スミス・メッツラー。ロビー、メッツラーのほか製作には、「シェイムレス 俺たちに恥はない」のジョン・ウェルズとエリン・ジョントウ、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)トム・アカーリーが就任している。

近年、女優業に加えて『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』や『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)などでプロデューサーとしての賢才を発揮するロビー。本シリーズのほか、イギリスのコミック『タンク・ガール(原題:Tank Girl)』の再映画化や実写版『バービー(原題:Barbie)』への主演&製作を控えている。

一方で、ハリウッド注目の若手女優の1人であるクアリーは、ロバート・パティンソン共演のロマンススリラー映画『The Stars At Noon(原題)』やロバート・ダウニー・Jr.製作総指揮のサイコホラー『A Head Full of Ghosts(原題)』に出演予定だ。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly