『キングスマン』タロン・エガートン主演『ロビン・フッド』米国版予告編公開 ― 相棒はジェイミー・フォックス

『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが主演を務める、映画『ロビン・フッド(邦題未定、原題:Robin Hood)』の米国版予告編が公開された。

「君は騎士だったが、これから盗賊になる。どうやるのか見せてやろう」。富める者から財を奪い、貧しい者に分け与える“義賊”ロビン・フッドを演じるのはタロン・エガートンで、その相棒となるリトル・ジョン役には『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)や『ベイビー・ドライバー』(2017)のジェイミー・フォックス。戦場で鍛え上げられた身体で弓術を駆使するロビン・フッドと、腐敗した英国王室への反乱を企てる集団を率いるリトル・ジョンのタッグは、さながらバディ・ムービーのようにも楽しめそうだ。

タロン&ジェイミーのほか本作に登場するのは、ロビンと恋に落ちる人妻マリアン役に『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)のイヴ・ヒューソン、その夫にしてロビンの異母(異父)兄弟であるウィル・スカーレット役に『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナン。
また、ロビンの宿敵となるノッティンガムの代官は『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)や『レディ・プレイヤー1』につづいての悪役となるベン・メンデルソーンが演じる。シンプルな役どころに複雑な内面と哀愁を与えるベンの演技は、果たして本作でも発揮されることになるのだろうか…?

 

これまで幾度となく映像されてきた「ロビン・フッドの伝説」を激しいアクション活劇として今回甦らせるのは、本作が長編映画デビューとなる、ドラマ「ブラックミラー」などを手がけてきたオットー・バサースト監督。ロビン・フッドとリトル・ジョンが織りなす強盗映画的要素や、集団による反乱をめぐるダイナミックなシーンの数々をどんな手つきで演出してくれるのかに注目だ。

映画『ロビン・フッド(邦題未定、原題:Robin Hood)』は2018年11月21日に米国公開予定

Sources: Variety, Deadline
Eyecatch Image: YouTube 動画サムネイル

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。