【発見】『ローグ・ワン』新TVスポットに「スター・ウォーズ」常連俳優がこっそり映り込んでいる

映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の新TVスポットに、先日THE RIVERでも取り上げたシリーズ常連俳優がこっそり映り込んでいることが明らかになった。

彼の名前はワーウィック・デイヴィス。小人症ゆえの身長107センチという体格を活かして、「スター・ウォーズ」シリーズにはこれまで5作品に出演してきた(スピンオフも含む)。最新作『ローグ・ワン』のほか、次回作『エピソード8』にも出演しているようだ。

『スター・ウォーズ エピソード8』にシリーズ常連俳優のワーウィック・デイヴィスが出演!『帝国の逆襲』との類似点とは

まずは公開されたTVスポット“Welcome To The Rebellion(反乱軍へようこそ)”をご覧いただきたい。ほとんどは既出の映像なのだが……あなたはデイヴィスを発見できるだろうか?

勘の良い人なら再生するまでもなくお分かりになったことだろう。YouTubeのサムネイルにちゃっかり選ばれている人物、これがデイヴィス演じるキャラクターである。しかし1秒も映らないので、知っていても見逃しかねない……。

https://www.youtube.com/watch?v=RcBrvLhUJIM

https://www.youtube.com/watch?v=RcBrvLhUJIM

「スター・ウォーズ」シリーズで、これまでデイヴィスが素顔を見せたのは、『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)に登場するポッドレースの観客ウィーゼル役のみだ。『ローグ・ワン』でも彼自身の顔は見られないのだが、しかしデイヴィス自身は、今回の配役にある感慨を覚えているようである。

「スター・ウォーズ」でブラスターを持ってる役は初めてだ!

今回デイヴィスの演じるキャラクターが、ストーリー上いかなる役割を果たすのか、いかに重要なのかは分からない。しかし、「スター・ウォーズ」の大ファンを自称するギャレス・エドワーズ監督ならでは、アナザー・ストーリーならではの、心憎い登場に期待してしまうというものだ。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日公開

source: http://comicbook.com/2016/11/14/rogue-one-star-wars-story-warkwick-davis/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。