Menu
(0)

Search

MCUの素晴らしさは「計画がないところ」、『アベンジャーズ/エンドゲーム』監督が明かす成功の裏側

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)などのジョー・ルッソ監督いわく、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の素晴らしいところは、“計画がないこと”だという。

『アイアンマン』(2008)から全てが始まったMCUは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に至るまで数多くの作品を発表し、「インフィニティ・サーガ」という壮大な物語を完結させた。大きな節目を迎えて以降も、MCUは継続中で、2021年には、「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホワット・イフ…?」「ホークアイ」といったテレビシリーズが配信されたり、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではマルチバース展開が本格的に幕を開けたりなど、その勢いはとどまるところを知らない。

「まだ始まりにすぎない」と、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が今後のさらなる展開を過去に予告していたことからも、MCUには始めから長期的な計画が存在していたようにも感じさせられるが、ルッソ監督いわくそんなことはないというのだ。このたびサンズ国際映画祭にて監督は、「いつか誰かが詳しく話すと思いますが、ケヴィンの素晴らしいところのひとつは、実際には計画がないところです」と説明している

「もちろんアイデアはありますよ。ただ、製作する映画が駄目になったら計画は成り立たなくなりますよね。その後に計画がないわけですから。そうでしょう?だから、映画が成功していくにつれて、“ほかには何ができるのだろうか”という熱意から派生していったんです。そこからアイデアが新たに生まれたり、希望が生まれたりして。“これをきちんとやり続ければ、この物語にたどり着けるかもしれない”みたいな。それこそ、『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム』のように。」

MCUのプロデューサーでもあるケヴィン・ファイギ社長は始めから最後までの計画を緻密に立てるのではなく、常に流動的に物事や状況をとらえながら物語を紡いでいるということだろう。だからこそ、先の読めない衝撃と感動の物語を常に観客に贈り届けられているのかもしれない。今後の展開にもますます期待が高まるばかりだ。

あわせて読みたい

Source: Deadline , GamesRader+

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly