Menu
(0)

Search

マーベル、コミコン怒涛の発表に「アーマー・ウォーズ」がない ─ 「トニー・スターク最大の恐怖」描く注目作いずこに?

怒涛の新情報ラッシュ!2022年7月21日〜24日に開催された米サンディエゴ・コミコンで、イベントが最も盛り上がる24日にプレゼンテーションを行ったマーベル・スタジオからは、新作発表が多量投下された。

まだ謎に包まれている部分も多いが、なんと2026年のフェーズ7に至るまでのロードマップが発表(現在はフェーズ4だ)。注目作やサプライズ発表の数々には目も眩むほどだが、実はこのラインナップの中に一つ欠けているものがある。ドラマ「アーマー・ウォーズ(原題)」だ。

「アーマー・ウォーズ」とは、ドン・チードルが演じたウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズに焦点を当てるシリーズ。トニー・スターク亡き世界、というのが主題の一つで、「アイアンマン/トニー・スタークにとって最大の恐怖だった、“もしも技術が悪の手に渡ってしまったら?”が現実化する」というファンにとって興味深い内容。撮影は2022年秋に米アトランタで開始されると伝えられており、脚本はヤシル・レスター、製作総指揮はジェナ・バーガーといった采配も判明している。

ところが、この度のサンディエゴ・コミコンで発表されたラインナップの中に、「アーマー・ウォーズ」の名前がどこにもないのだ。「シークレット・インベージョン」や「エコー」、「ロキ」シーズン2に「アイアンハート」「アガサ:カヴン・オブ・カオス」といった他のドラマがフェーズ5作品として発表されたにも関わらずである。

考えられる理由は2つ。「アーマー・ウォーズ」が頓挫になってしまったということだ。本作は、プリプロダクション(撮影前準備)こそ進められていたものの、撮影自体はまだ開始されていない。

製作都合上か、もしくは物語の進行都合上、「アーマー・ウォーズ」を取りやめてしまったのか?脚本のレスターはこの話題に対し、「まだ動いていると約束します」とInstagramで反応。ひとまず、頓挫の心配はしなくても良さそうだが、製作に遅れが生じているということは考えられる。

そこで、あえて隠し球にしているのかもしれない。マーベル・スタジオは2022年9月に開催されるディズニーの大型イベント「D23」にも登場予定。母体ディズニー渾身のイベントとあって、マーベルはこちらにも焦点を合わせている可能性がある。今回のプレゼンテーションでは、他に『X-MEN』や『デッドプール』に関する発表もなかったため、「D23」で「アーマー・ウォーズ」を含めて補完的に発表がなされるかもしれない。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly