Menu
(0)

Search

MCU「マルチバース・サーガ」フェーズ4~6 作品リスト ─ マーベル・スタジオ、サンディエゴ・コミコン2022全発表まとめ

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551009884564439040

2022年7月24日(米国時間)、マーベル・シネマティック・ユニバースの今後のラインナップが一挙に発表された。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)という集大成を経て始まったフェーズ4から、『アベンジャーズ』シリーズの第6作で幕を閉じるフェーズ6まで、映画とドラマの両方で再び織り上げられる巨大なタペストリーを、今度は「マルチバース・サーガ」と呼ぶことも判明している(フェーズ1~3は「インフィニティ・サーガ」だった)。

あまりにも膨大な作品の数々を、この記事では時系列順にまとめ直すことで、“これまで”をたどり直し、“これから”を追いかけるための地図としたい。なお、今回の発表に関する記事は末尾に集約した。

ちなみにマーベル・スタジオは随時情報を発表するため、現時点でここに記載されているものが「マルチバース・サーガ」の全作品とは限らない。2022年9月10日(米国時間)にはディズニーの巨大イベント「D23」でもプレゼンテーションが開催されるため、新たな企画や情報が追加される可能性も非常に高い状況だ。

MCU「マルチバース・サーガ」作品ラインナップ

フェーズ4

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)でフェーズ3が幕を閉じたのち、世界は新型コロナウイルス禍に見舞われた。ハリウッドは一時停止を余儀なくされ、映画館も休業に入り、MCUの映画作品も新作の公開を2年間見合わせたのである。映画より先に動いたのは、「ワンダヴィジョン」(2021)を皮切りとするディズニープラスでのドラマシリーズだった。その後もコロナ禍によるスケジュールの変更、公開順の入れ替えなどに苦戦しながら、マーベル・スタジオはしばしの“お休み”を取り戻すかのように、わずか2年間で7本の映画と9本のテレビシリーズをリリースしている。

コミコンのステージにて、ケヴィン・ファイギ社長は「(フェーズ4は)MCUをリセットし、新しいキャラクターと出会ってもらう」局面だったと語っている。賛否両論にもなったフェーズ4は『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』で終わりを迎えるが、これにて準備完了ということだろうか。

ひとつ大きなポイントは、以前はフェーズ4に属する扱いだった「ホワット・イフ…?」シーズン1が、今回のプレゼンテーションでは除外されていたこと。同じく「アイ・アム・グルート」もリストには含まれていない。アニメーション作品は「フェーズ」のシステムに属さないという考え方だとみられるが、正式なアナウンスはなされていない状況だ。

フェーズ5

いささか駆け足の感が否めなかったフェーズ4だが、フェーズ5も約1年半で映画を6作、ドラマを6作という相当のハイペースとなっている。なお「ホワット・イフ…?」シーズン2は2023年初頭の配信予定だが、シーズン1と同じく今回のリストには含まれなかった。

フェーズ6

ファンタスティック・フォー』と『アベンジャーズ』新作2本という大型作品のみが発表されているフェーズ6。コミコンでのプレゼンテーション後、ディズニー/マーベル・スタジオは新作映画2本の米国公開日を明らかにしているが、どちらも作品名はわかっていない。その他の作品はリスト上に時期の明示のみなされたもので、タイトルはおろか映画かドラマかも発表されていない。D23での追加発表に期待したい。

  • 「(タイトル未定)」(2024年秋予定)
  • 映画『ファンタスティック・フォー(原題)』(2024年11月8日 米国公開予定)
  • 「(タイトル未定)」(2024年秋予定)
  • 「(タイトル未定)」(2024年冬予定)
  • 映画『(タイトル未定)』(2015年2月14日 米国公開予定)
  • 「(タイトル未定)」(2025年春予定)
  • 「(タイトル未定)」(2025年春予定)
  • 映画『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ(原題)』(2025年5月2日 米国公開予定)
  • 映画『(タイトル未定)』(2025年7月25日 米国公開予定)
  • 「(タイトル未定)」(2025年夏予定)
  • 映画『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ(原題)』(2025年11月7日 米国公開予定)

フェーズ7

同じくコミコンでのプレゼンテーション後に、ディズニー/マーベル・スタジオは2026年新作映画の米国公開日を発表した。『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』でフェーズ6が終わるというファイギ社長の言葉を信じるなら、これら4作はいずれもフェーズ7作品となる。こちらも企画情報の解禁が待たれる。

  • 映画『(タイトル未定)』(2026年2月13日 米国公開予定)
  • 映画『(タイトル未定)』(2026年5月1日 米国公開予定)
  • 映画『(タイトル未定)』(2026年7月24日 米国公開予定)
  • 映画『(タイトル未定)』(2026年11月6日 米国公開予定)

なお、マーベル・スタジオ作品にも現時点でフェーズの中に組み込まれていない今後の作品がいくつも存在する。アニメーションシリーズ「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー(原題)」や「マーベル・ゾンビーズ(原題)」は2024年配信予定だが、これらはフェーズ5~6のリストに名前が入っていなかった。今後改めて位置づけられるのか、非正史作品としてフェーズ外に置かれるのかは現時点ではわからない。

サンディエゴ・コミコン2022 マーベル・スタジオ関連記事

映画・ドラマ

「シー・ハルク:ザ・アトーニー」予告編
アントマン&ワスプ』ストーリー&コンセプトアート
「シークレット・インベージョン」配信時期決定
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ヴィラン判明など
「エコー」配信時期決定
「ロキ」シーズン2 配信時期決定
『ブレイド』米国公開日決定
「アイアンハート」配信時期決定
「アガサ:カヴン・オブ・カオス」配信時期決定
「デアデビル:ボーン・アゲイン」製作発表
『キャプテン・アメリカ』新作映画 製作発表
『サンダーボルツ』製作発表
『ファンタスティック・フォー』米国公開日決定
『アベンジャーズ』第5・6作 製作発表

アニメーション

「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」新情報
X-MEN '97」新情報
「マーベル・ゾンビーズ」新情報

Sources: Deadline(1, 2), The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly