Menu
(0)

Search

『007』初代ジェームズ・ボンドの故ショーン・コネリー、妻に明かした生前最期の願いとは

ショーン・コネリー Sean Connery
Photo by Alan Light https://www.flickr.com/photos/alan-light/210275210/

42020年10月31日、映画『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役などで知られる俳優ショーン・コネリーが、90歳で天国へ旅立った。『007』シリーズの舞台としても知られるバハマで最期を迎えたという。

『007』シリーズ出演後も数々の作品で活躍したコネリーは、2006年に俳優業を引退。その後の生活の多くが明かされることは無かったが、このたび妻として約45年に渡ってコネリーに連れ添ったミシュリーヌ・ルクブルン夫人が、彼が生前胸に抱いていたという“最期の願い”を明かした

逝去後、コネリーの遺体は亡き地バハマで火葬されることが発表されている。こうした中、2020年11月9日(現地時間)、英Scottish Mailの取材に応じたルクブルンは、コネリーの故郷スコットランドでも散骨を行う意向であることを語った。いわく、これがコネリーの生前「最期の願い」だったそうだ。

「私たちはショーンをスコットランドに連れて行く予定です。これが彼の最期の望みでしたから。彼はバハマだけでなく、故郷にも散骨してほしいと望んでいたんです。」

最期まで故郷への強い愛を持ち続けたコネリー。このほか彼の祖国愛が感じられるエピソードとしては、スコットランド特有のアクセントを、一度も矯正したことがなかったという。『007』シリーズ出演の際も、絶対条件としてアクセントを矯正しないことをスタジオ側に要求したそうだ。

今後、スコットランドでの散骨が予定されているということだが、コロナ禍の影響もあり、渡航時期については未定とのこと。ルクブルン夫人は「また安全に海外へ行けるようになったら、その時に彼(コネリー)と一緒にスコットランドを訪れることが家族としての意向です」と話している。

あわせて読みたい

Source: Scottish Mail , GQ

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly