Menu
(0)

Search

マーベル「シークレット・インベージョン」ドラマ化決定 ─ ニック・フューリー&『キャプテン・マーベル』タロスが登場

『アイアンマン』ニック・フューリー
© Paramount Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・スタジオが、新作ドラマシリーズシークレット・インベージョン(原題:Secret Invasion)」をDisney+作品として製作することがわかった。サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリー、『キャプテン・マーベル』(2019)よりベン・メンデルソーン演じるスクラル人のタロスが登場する。

「シークレット・インベージョン」とは2008年にコミックで展開された、スクラル人が地球に潜入し、数年間にわたってヒーローに成り代わって侵略を進めていたという驚愕のストーリー。ドラマ版がコミックに基づくのか、タイトルのみを踏襲した新たな物語となるのかは不明。ただし『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を描いた初の作品『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)では、どこかの時点でタロスがフューリーに成り代わっていたことが明かされていた。一方のフューリーがどこにいたかはさておき、本作はその“成り代わり”以前、あるいはそれ以降の物語になることだろう。

もともと「シークレット・インベージョン」ドラマ化の噂は2020年初頭に聞かれていたもので、ニック・フューリーが登場する新作ドラマの企画についても2020年9月に報じられていた。脚本・製作総指揮に「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」(2015-2019)のカイル・ブラッドストリートが就任したといわれていたが、今回の発表にカイルの名前はない。

Disney Investor Day 2020発表ラインナップまとめ(更新中…)

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ発表全まとめ
ヘイデン・クリステンセン再登場
ローグ・ワン前日譚
アソーカ単独ドラマ
新アニメ登場
パイロット描く新作映画
日本製アニメシリーズが始動
新共和国軍の戦士描く新ドラマ
ランド・カルリジアンの新シリーズ
SW初のミステリー・スリラー
R2-D2とC-3POによる映画も

マーベル・スタジオ

ロキが帰ってくる
アントマン3のタイトル
ついにファンタスティック・フォーが
ウォーマシンのドラマ?
ガーディアンズのホリデースペシャル
アイアンマンの後継者描く
ベビー・グルートの短編シリーズ
ファルコン&ウィンター・ソルジャー、3月配信
ニック・フューリー&タロスで「シークレット・インベージョン」
MCUの“もしも”アニメ「What If...?」予告編
『キャプテン・マーベル2』公開日&新キャストが発表
ドラマ「ミズ・マーベル」特報映像
『インクレディブル・ハルク』ティム・ロス、MCUに復帰
「ワンダヴィジョン」予告第2弾
『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』クリスチャン・ベールの役どころ判明
『ブラックパンサー』続編、チャドウィック・ボーズマン代役は起用せず

ディズニー

『魔法にかけられて』続編
『モアナ』『ベイマックス』『ズートピア』新シリーズが始動
実写版『ピノキオ』『ピーターパン』Disney+へ
『ライオン・キング』ハンス・ジマー&ファレル・ウィリアムズ続投
『ラーヤと龍の王国』米劇場公開と同時に配信
長編アニメ最新作『Encanto』2021年秋に米公開へ

ピクサー

バズ・ライトイヤーの単独映画、クリエヴァが声優で
『カーズ』新作シリーズ
『カールじいさんの空飛ぶ家』スピンオフ作品が進行中

その他

ドラマ「エイリアン」正式始動
ドラマ版「パーシー・ジャクソン」ロゴが初披露
『ナイト ミュージアム』アニメ化決定
『インディ・ジョーンズ』第5作が2021年春に撮影開始

ほか更新中

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly