Menu
(0)

Search

MCU初のアジア系ヒーロー『シャン・チー』実現は『ブラックパンサー』のおかげ ─ 「あの作品が業界の流れを変えた」

シャン・チー

2021年、『アベンジャーズ』で知られるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は新たな取り組みを控えている。初のアジア人ヒーロー、シャン・チーの単独映画『シャンチー・アンド・レジェンド・オブ・テンリングス(原題)』が公開を迎えるのだ。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が「98%アジア人キャストで作りたい」と述べた本作は、多様性の確保という業界のミッションにおいても重要な一作となる。

主人公シャン・チー役に起用されたのは、これまでテレビドラマで活躍し、本作がほぼ映画初出演となる新鋭シム・リウ。米TIMEの取材では、『シャン・チー』の実現に対し、同じくMCU作品『ブラックパンサー』(2018)が与えた大きな影響を語っている。

僕は『ブラックパンサー』がいろいろな意味で大好きだったし、あの作品が明らかに業界の流れを変えたと思います。(ハリウッドでは)いわゆる“多様性”を扱う映画を公開するのは経済的リスクだという感覚がありました。それが2018年には『ブラックパンサー』が公開され、同じ年には『クレイジー・リッチ!』も公開されて、どちらもすさまじい大ヒットになった。あれが(業界で)力を持つ人たちに対して、“僕たちはここにいる、ずっとここにいたんだ”としっかり訴えたわけです。僕たちは自分たちの存在を描く映画を観たいし、自分たちの存在や物語、人生を描く映画を観たいんだって。」

リウが言及しているように、『ブラックパンサー』は米国興行収入7億ドル以上を稼ぎ出すメガヒットを達成し、主要キャストをアジア人で揃えたラブコメディ『クレイジー・リッチ!』は製作費3,000万ドルに対して米国興収1億7,453万ドルというスマッシュヒットとなった。その後、黒人俳優を主要キャストに据えた作品をはじめとして、作品の物語や表現のみならず、舞台裏の雇用も含め、多様性確保に大きく貢献する作品が増加したことは言うまでもないだろう。

このたび、リウは「もしも『ブラックパンサー』が成功していなければ、僕がマーベルでの仕事をもらえていなかっただろうことは明らか」だと述べ、来たる『シャン・チー』について「『ブラックパンサー』のような影響を自分たちのコミュニティにもたらせることを期待しています」と述べた。アジア人キャストを中心とする映画・ドラマの数々が、これを皮切りに増えることとなるか。

リウ演じるシャン・チーは、「燃えよ!カンフー」(1972-1975)『燃えよドラゴン』(1973)などの影響を受けてコミックに初登場した、「マスター・オブ・カンフー」と呼ばれる強さを誇るヒーロー。映画化にあたっては、コミックにあったアジア人のステレオタイプをいかに払拭するかがポイントともなる。

そのほか出演者は、テロ組織テン・リングスの首領マンダリン役に『インファナル・アフェア』『レッド・クリフ』シリーズのトニー・レオン、シャン・チーの友人ケイティ役に『ジュマンジ/ネクスト・レベル』(2019)のオークワフィナ、ヴィランのレイザーフィスト役に『クリード 炎の宿敵』(2018)のフロリアン・ムンテアヌ。そのほか「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)のミシェル・ヨー、コメディアンのロニー・チェンらが出演する。監督は『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)のデスティン・ダニエル・クレットン、脚本は『ワンダーウーマン 1984』(2020)のデイヴ・キャラハム。

映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』は2021年7月9日(金)公開予定。撮影は2020年2月に開始され、コロナ禍による中断を経て10月に終了していた。

あわせて読みたい

Source: TIME, Entertainment Tonight

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly