Menu
(0)

Search

『シャン・チー』キャスト・吹替声優・キャラ情報まとめ ─ マーベル・スタジオ新時代のヒーロー登場

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作シャン・チー/テン・リングスの伝説』が、2021年9月3日より日米同時公開となった。

シャン・チーという、これまであまり知られていなかったキャラクターの映画化でもありつつ、メインキャストも新顔が務めている。トニー・レオンやミシェル・ヨーといったアジアの名優が出演する一方で、主役のシム・リウ、その妹役のメンガー・チャンは本作が本格出演デビューだ。その顔ぶれをチェックしてみよう。

シャン・チー

幼い頃に母を亡くし、子供の頃から父による厳しい修行を受け、暗殺者として育てられるが、優しすぎる性格から自ら闘うことを禁じ、父のもとから逃げ出してアメリカへ渡る。ショーンと名前を変えてホテルマンとして生活していたが、悪に染まった父の陰謀に巻き込まれ、自らの運命と向き合うことになる。

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

シム・リウ

1989年、中国生まれ。カナダで育った。中国名は刘思慕。『シャン・チー』が本格的な映画デビュー作となる。もともとは、ドラマ「NIKITA/ニキータ」や映画『パシフィック・リム』(2013)などで、エキストラや小さな役で出演していたほか、フリー素材もモデルも行っていた。『シャン・チー』での主演抜擢は、2014年に自身のTwitterで「ヘイ、マーベル。キャプテン・アメリカとソーは素晴らしかった。次はアジアン・アメリカン・ヒーローはどう?」とつぶやいたことがきっかけのひとつとも言われる。この時のツイートにリウは、2019年7月に「LOL」(※笑 の意味)と自己リプライしている。今後は、アニメ「スター・ウォーズ:ヴィジョンズ」のエピソードのひとつ「九人目のジェダイ」で声の出演も控える。

 吹替版声優 細谷佳正

アニメでは「テニスの王子様」白石蔵ノ介役、「進撃の巨人」ライナー・ブラウン役、「僕のヒーローアカデミア」常闇踏陰役など幅広く活躍。洋画吹替では、『ダイバージェント』シリーズのアンセル・エルゴートや、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)のシャイア・ラブーフ、『ジャスティス・リーグ』(2017)のエズラ・ミラーなどを担当している。

シュー・ウェンウー

シャン・チーの父。マーベル・シネマティック・ユニバースの始まりの頃からずっと影に潜んでいた組織テン・リングスのリーダー。悪に染まり、伝説の腕輪テン・リングスを操って世界を脅かそうとする。

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

トニー・レオン

1962年、香港出身。テレビ作品を中心に活躍した後、1983年頃より映画界での活動も開始した。スタンリー・クワン『地下情 追いつめられた殺意』(1986)で注目を集め、ホウ・シャオシェン『悲情城市』(1989)、ジョン・ウー『ワイルド・ブリット』(1990)、ウォン・カーワァイ『欲望の翼』(1990)など、錚々たる監督の作品に相次いで出演を重ねていく。ウォン・カーワァイとはほか、『恋する惑星』(1994)『楽園の瑕』(1994)『花様年華』(2000)『2046』(2004)、そして『グランド・マスター』(2013)でも仕事を共にした。そのほかの代表作は、チャン・イーモウ『HERO』(2002)、ジョン・ウー『レッドクリフ』(2008)、アンドリュー・ラウ&アラン・マック『インファナル・フェア』(2002)など。まさに香港が世界に誇る名優だ。

 吹替版声優 山路和弘

ジェイソン・ステイサムをはじめ、アル・パチーノ、アレック・ボールドウィン、アントニア・バンデラス、ウィレム・デフォー、ケヴィン・ベーコン、ヒュー・ジャックマンらハリウッドスターをはじめ、トニー・レオンやソン・ガンホ、キム・ユンソクなどアジアンスターたちの吹替を務めてきた。アニメ声優としては、『ONE PIECE』『進撃の巨人』などに参加している。もともとキャリアは俳優として開始しており、いまも映画・舞台への出演を続けている。

ケイティ

シャン・チーにとって最も付き合いの長い友人で、良き理解者。自由な精神を持ち、とても誠実。シャン・チーがテン・リングスを相手に戦う旅に自ら同行し、たくましい相棒となる。

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly