Menu
(0)

Search

『シャン・チー』監督、『ブラックパンサー』監督からの励ましで参加を決意「気持ちが楽になった」

デスティン・ダニエル・クレットン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469282532/ Remixed by THE RIVER

『ショート・ターム』(2013)がSXSW映画祭で観客賞&審査員賞に輝き、世界中から注目を集めた気鋭監督、デスティン・ダニエル・クレットン。その後、『ガラスの城の約束』(2017)『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)と立て続けに話題作を発表し、次回作には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021年9月3日公開)が待機中だ。MCU作品に初参戦することになったクレットンだが、当初は本作の監督を引き受けることに躊躇していたのだという。

Slash Filmのインタビューにて、クレットンは「このようなビッグなスタジオ映画に足を踏み入れるのは本当に怖かったですし、それが自分に何をもたらすのかもわからなかったので恐れていました」と当時の心境を正直に語っている。今やハリウッド映画を牽引していると言っても過言ではないMCU作品。そんな映画の監督に抜擢されることは、多くの作り手にとって夢のようなことかもしれないが、だからこそプレッシャーもあっということなのだろう。

足を踏み入れるべきか否かを悩んでいたクレットンだが、『ブラックパンサー』シリーズのライアン・クーグラー監督による後押しを受けて、MCU作品に挑戦することを決意したのだという。「ライアンが僕に言ってくれた言葉で、気持ちが本当に楽になりました。“プレッシャーも大変で、これまで経験した中でも一番難しい仕事になると思います。でも、そんなプレッシャーや厄介事は、一緒に仕事をする人たちから感じることはまったくないはずですよ”と」。

そんな温かい言葉をかけたクーグラーというと、『フルートベール駅で』(2013)で世界中から注目を浴び、そこから『クリード』(2015)を経て、『ブラックパンサー』(2018)を手掛けることになった。クレットンと同じように、インディーズ映画からのし上がってきた監督として、彼が抱えていた不安を感じとることが出来たのかもしれない。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日公開。

Source:Slash Film

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly